HOT MEAT PIE vol.52

東海地区のダンサーからも人気を集める深夜帯イベント『Hot Meat Pie』が、2020年1月4日(土) 名古屋市中区栄の CLUB LOVER;Z にて開催!今回のゲストは、DJ LAIAN / YELLOW SUNS が登場!

 

 

■ Hot Meat Pie vol.52

 

[日時]

・1月4日(土)
・OPEN:22:00
・CLOSE:Midnight

 

[会場]

・CLUB LOVER;Z
愛知県名古屋市中区東桜2-22-2 曙ビルB1F

 

[料金]

・前売:¥ 1,500 –
・当日:¥ 2,000 –
※ 入場時別途1D (¥500) 要購入

 

 

[GUEST]

・DJ LAIAN
・YELLOW SUNS

 

[DJ]

・ASOMA
・EiON
・kattun
・pillownesta
・@kihito
・マジックおじさん

 

[DANCE]

<TEAM SHOWCASE>

・afy
・DOMA
・Freia × URO
・Hibiki +Daicho
・HOTS CREAM
・MIROKU
・Mut.
・phat $pirit
・RICA+yukari
・RYOMA+Tommy+TOMOYA
・Soul mate
・Viva
・WEED×jerry flicker
・さきとじゅうあん
・伊織と萌
・13-15o’clock

<SOLO SHOWCASE>

・Daimon
・Liland
・Mg
・SusumuSpaniel
・Yo. (NUMBERZ GAME / SMOKLUB)
・きむを
・獅童 (trAckLiNE) 
・夢乃

 

[MC]

・SHIBA→KEN

 

 

< DJ LAIAN プロフィール >

LAIAN(ライアン)はペルー人の父、日本人の母の血をひき、名古屋で生まれ育つ。幼少期より音楽が大好きな父の元、音楽が絶えず流れる家庭環境育ってきた。R&B、HIPHOP、LATIN、など様々な音楽をジャンルに囚われることなく1つのものと捉え、衣食住と同じく肌身につけてきた。ある日偶然目にしたバトルDJ。”スクラッチ”という技術を始めて目の当たりにしたLAIANはその虜となり、人生の転機となるきっかけであった。その後独学でDJを学び、技術を追求し続ける日々を送る。スクラッチ技術などを駆使したDJプレイをSNSにUPするとたちまち話題となり、彼の名が全国に広まるには時間がかからなかった。19歳より地元名古屋を中心にクラブでのDJをスタートさせたLAIAN。才能はスクラッチ技術だけには留まらず、クラブDJとしても頭角を現していった。彼のすべての音楽を技術を駆使しクロスオーバーさせた独創的なプレイは、フロアの客陣を魅了し、一瞬にしてその場の空気を変えてしまう。現在はORCA NAGOYA、CLUB SANGOを中心にレギュラーを持ち、県外、さらには海外にまでその活躍の場を広げている。スキル、現場、ビジュアル全てにおいて申し分のない今後最も期待が高まる若手DJである。

 

 

< YELLOW SUNS プロフィール >

2003年頃、愛知県と奈良県在住のメンバーを中心として前身となるチームが発足、2005年にチーム名を「YELLOW SUNS」と改名し、本格的に CREW としての活動をスタートする。結成当時、日本における「ブレイクダンス界」では、ユニット活動や引き抜きなど、CREW としての『あり方』がまだ定着していなかったにも関わらず、YELLOW SUNSは早くから “BBOY CREW” としての定義を表現することで、自分たちの姿を等身大で見せることが出来た。もちろん、一際目立つその存在感には独特でありながらも何故か懐っこい「踊り」という揺るがない裏付けがあり、アンダーグラウンドシーンの中でその名前は急速に広がることとなる。その独特な踊りは、基本的でありながらも、なめらかで美しい。バトル等での大会で、ビッグなタイトルを総なめすることはなかったが、それでも世界的な評価は高く、今に至る。結成3年目からは、当時の日本の BBOY シーンでは珍しい “BLOCK PARTY” 形式のAnniversaryを開催。完全無料で行ってきたそのパーティーは、無名の場所に300人以上の人が詰めかけるほど、大きな噂を呼んだ。深夜の公園やスケートボードパークにゲストパフォーマンスとして、ゲストダンサーや JAZZ バンド、他ジャンルな DJ が待ち受ける。それ以外にも、公園に広げた畳の上でのダンスバトル・巨大なパネルやワゴン車を設置して行われたライブペイントなど、クリエイティブで伝説的な瞬間を数々作り上げてきた。2012年頃からはオリジナルメンバーでの活動が収縮し、それに伴い CREW としての活動が減るが、2015年頃から愛知県の若きメンバーを中心に再度 CREW としての骨が組み上がる。現在は、ダンスバトルでの活動は勿論の事、審査員やゲストパフォーマンス・メディア出演など、様々な活動を行う。また、愛知県・奈良県の老舗 CREW として地域との密接な活動も続けており、次世代育成のためのプログラム・地域文化活性のための交流・興行などを行っている。また、メンバーそれぞれは Hip Hop Dancer や Graffiti Artist、DJ、Photographer など、一つのカルチャーに収まることなく今なお活動を広げており、「YELLOW SUNS」としてのクリエイティブはまだまだ続いていく。

 


Recomend topics