WHO GOT THE PROPS : JUDGE’S COMMENTS

1月22日(日)名古屋市中区の CLUB MAGO で開催され、驚異的な盛り上がりを見せた “Instrumental Beatz & Music” 1on1 ダンスバトル・イベント『WHO GOT THE PROPS』審査員4名の総評を掲載!

 

0122

総勢150名近くのダンサーが参戦し繰り広げられた、国籍, 年齢, 性別一切関係なしのジャンル別1on1バトル!激戦の一日を、審査員4名の観点から振り返る! 


 

0001

 

– 全体の感想

サークルから、トーナメントに上がっていくことは大変だったと思います。技術等はもちろん必要ですが、自分の持っているものをしっかり出せるメンタルだったりも必要なのかなと思います。自分の間や空間を作れる人、しっかりと自分のジャンルをレペゼンしてる上で、自分のダンススタイルにブレが無い人達が勝ち上がっていったのではないでしょうか。自分のダンススタイルで「カッコイイ!」と思っている所や、自分のキャラクターがどんな感じなのか?をしっかりと自分で理解することも必要なのかと思いました。

 

– 個人的に印象に残っているダンサー, バトル等

この日のバトルで印象に残っているのは、完全に『3up』ですね。『あいり)』もスキルフルで良かったです。『SHIGEKI』色々とやってくれましたね。『MAITO)』カッコよかったです。『スーパーYUKA』センスと安定感ありました。『No-ri-』『たかゆ〜』やばかったです。決勝の『HANA vs ルイス』は素晴らしかったです。個人的にこの日のベストバウトは、準決勝の『HANA vs Lil Wild Twiggz aka Kid Loopz』でしたね。

 

DSC_0943

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

一日を通して沢山のスタイルのダンスが見れて、とても楽しませてもらいました。ありがとうございました。結果だけに捉われず、皆でもっと参加して楽しんで、どんどん良いイベントになっていったら最高ですね。今回も盛りがっていましたが、更なる盛り上がりに期待してます。自信はないですが、僕も出れたら出ます!たぶん!自分のジャンルをレペゼンしつつ、もっとみんなでリスペクトし合っていきましょう。みなさんお疲れ様でした。

 

 

0002

 

– 全体の感想

予選はサークルピックアップということで、その中で自分をアピールしなきゃダメな訳ですが、その中で “他の人とは違う何か” を持ってないと、勝ち上がっていけないと思います。ジャッジコメントでも言ったのですが、まずはダンスを楽しむ事が一番だと思います。予選を上がってない人は、皆さん下を向きすぎかなとも思いました。確かに負けたらネガティブになりますが、どんどん気持ちを切り替えて、イベントを楽しんでいけるようになると良いですね。バトルに関しては、上に進むに連れて、すごく良いバトルが多かったと思います。僕もこのバトルに出たくなりましたね。

 

– 個人的に印象に残っているダンサー, バトル等

HIPHOP だと、『ルイス』『大空』ですね。POP では『No-ri-』『たかゆ〜』『Youkey』『Super Reo』が、特に印象に残っています。KRUMP では『Lil Wild Twiggz aka Kid Loopz』『MAITO』でしたね。HOUSE では『HANA』『SHIGEKI』あと、名前はわかりませんが、決勝まで残った女の人も良かったです。ALL STYLES では、『3UP』『タエコバドゥ』バトルで印象に残っているのは、『3UP vs たかゆ〜』ですね。本当に見応えあるバトルで、楽しかったです。

 

DSC_0742

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

ジャッジコメントでも言ったのですが、このイベントは “ジャンル別” になっているので、自分のジャンルを “もっと深くレペゼン” していけたら良くなると思います。自分も次回以降のこのバトルで、レペゼンして行きます。もっとジャンル同士の絆を深めて、東海エリアのダンスの絆を深めて「東海エリアのダンサーはヤバイ!」って全国でも言われるように一人一人が意識して、まとまっていきましょう。広いくくりでは名古屋・東海エリアをレペゼンして、もっと他地区のイベント等に飛び出しましょう。今回は熱いバトルをありがとうございました。

 

 

0004

 

– 全体の感想

空気感が和やかだったのもあり、皆さん空気にのまれずリラックスした状態で、自分のスタイルを表現出来ている感じでしたね。そんなダンスを見ていて気持ち良かったです。”上手いのは当たり前の時代” になって来ているので、これからは『どれだけ自分の色をより濃く主張出来るか?』という事が大事になってくるように感じましたね。

 

– 個人的に印象に残っているダンサー, バトル等

今回のバトルは、本当に多くの人が “ガチ沸き” させてくれたので、挙げだすとキリがないんですが…(笑) そんな中でも、個人的には『No-ri-』の踊りが一番ツボで、見ていて子供のようにテンション上がっちゃいました。後は、PRINCEの曲で踊っていた『たかゆ〜』がストーリー通りの展開で100点満点のダンスでした。『スーパーYUKA』は見る度に安定したスキルとカッコ良さで、センスも増していっていて、女性ダンサーとしてのカリスマ性を感じました。『Lil Wild Twiggz aka Kid Loopz』も、マジでヤバかったです。気持ちだけでなく、スキルや技も持っていて、尚且つ会場の沸かせ方も分かっているから、将来の化け具合に期待大です。その Lil Wild Twiggz とバトルした時の『HANA』1ムーヴ目は、奇跡が起こっていたと言っても過言ではないぐらいヤバくて、キレていましたね。僕が今まで見た女性ダンサーの中で最速でした。あとは、予選サークルでの『ルイス』『YUTAKA』の弄り合いも良かったです。HIPHOPの中では、YUTAKAさんが “流行に流されない自分” を一番色濃く主張していて、その色を最も感じれた日でしたね。あとルイスは上手過ぎて、もはや僕の中では不動の存在であり、一番上手いと思ってます。今回も勉強させてもらいました。

 

DSC_0550

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

出場した皆さんに沢山の GOODダンス を見せて頂き感謝です。ダンスを辞めずに、勝ち負けを繰り返す中で、自分を追求して向上させていって下さい。ダンスを通じて語り合える仲間や、色々な人との繋がりが出来てる時点で、もはや素晴らしい事だと思っているので、欲に捉われる事があったとしても振り回されないように楽しんでいきましょう。そしてクラブにも行って、仲間や他人とセッションして共有していきましょう。僕も頑張ります。ありがとうございました。

 

 

0003

 

– 全体の感想

サークル予選からトーナメントまで過酷なバトルだったと思います。予選はジャンルごとで、しかもそのジャンルの音楽で踊るということで、出場者の皆さんそれぞれに出し切れた人も多かったのではないかと思いました。リラックスしてアウトプットしている人が多く、見ているこちらにもエナジーが多く届いていました。また、ジャッジのあの人のおかげで…終始和やかな雰囲気でしたね (笑) 特に予選では、”各ジャンルごとの独特の空気感” を感じれる空間だっと感じました。

 

– 個人的に印象に残っているダンサー, バトル等

ここに挙げたいダンサーは本当に沢山いますが、HIPHOPでは『ルイス』『大空』『Mio』はスキルと質感、キャラクターなどがしっかりと確立されていて、本当にカッコよかったです。POPでは『No-ri』『たかゆ〜』『Super Reo』と、審査員のKENTAさんにいじられたたメガネの子は良かったですね。「どうやったらそんなヒットを打てるのか?」いつもPOPPERの皆さんからは勉強させてもらってます。KRUMPでは、『Naoki』『Maito』『Rui』若手や次世代の成長を感じました。HOUSEでは、『ちーやん』『HANA』『SHIGEKI』KRUMP にはないグルーヴ感はいつ見ても感動しますね。ALL STYLES では『3up』『タエコバドゥ』『YAN NASTY』ストリートバスケの『Takumi』赤いセーターのワックの女の子…”オールスタイル” の意味を考えさせられる内容でした。皆さんそれぞれのスタイルで輝いていて、本当に最高でした。新しい流れになったかなと思います。

バトルで特に印象に残っているのは、HIPHOPの予選の『YUTAKA vs ルイス』は、良い意味でビーフしていて、純粋に上がりました。『SHIGEKI vs ルイス』の駆け引きも、本当に楽しかったです、最高でした。そして『HANA vs Lil Wildtwiggz aka Kid Loopz』のバトルは、最早言うことなしでしたね。

 

DSC_037

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

この実験的なバトルに参戦してくれて、本当にありがとうございます。そして、出場者皆様それぞれに素晴らしいダンスを、ありがとうございました。皆さんとても輝いていました。まだまだ至らない点も多く荒い部分もあったかと思いますが、そこは次回までに再検討し次に活かしていきたいと思いますので、次回も楽しみにしていてください。何よりもこのイベントでは『自分を出し切り、自分のジャンルをレペゼンする』そういった空間を皆さんと作っていきたいと思っています。皆さんと一緒に新しいムーブメントを作っていけたらと思っていますので、是非次回もよければご参加ください。今回は本当にありがとうございました。

 


 

■ 6月4日(日)『WHO GOT THE PROPS vol.2』開催!

初回から驚異的な盛り上がりを見せ、各方面から注目を集めている 国籍, 年齢, 性別一切関係なしのジャンル別 1on1バトルイベントの第2弾が、6月4日(日) 名古屋市中区 CLUB MAGO にて開催決定! 

エントリー受付は近日スタート!各ジャンル先着35名限定!出場希望者はお見逃しなく!

 

0604


 

■ 2月19日(日)『Radikal Forze Jam Japan Preliminary “ALL STYLES SIDE”』開催!

世界の一流著名ダンサーが一同に集結する東南アジア最大級のダンスジャムの「ALL STYLES SIDE 日本代表決定戦」が、2月19日(日)に名古屋のLive & Lounge Vioにて開催!

 

rfas


Recomend topics
  • CHALLENGER vol.3

    2017年度の JUSTE DEBOUT JAPAN・LOCKIN’ サイドのチャンピオン...

  • Raise Spirits vol.1

    東海エリア LOCKIN' シーンの底上げをすべく、新たに始動した LOCKIN' 1on...

  • BUZZ STYLE vol.12 – NAGOYA PRELIMINALY –

    大学生ダンサーの甲子園!関西を拠点に毎年全国的な盛り上がりを見せるチームダンスコンテスト「...

  • T.A.C.D BATTLE 2017-18 vol.5

    毎回多くの学生ダンサーが参戦し、最高潮の盛り上がりを見せる年間ポイントランキング制ダンスバ...