SHOW & PROVE : JUDGE’S COMMENTS

7月28日(金) 名古屋市中区にある CLUB LOVER;Z にて開催された、OBも参加可能な大学サークル対抗クルーバトルの審査員総評を掲載!

 

L to R…OKARYOMEN / ごりらごうち / NATURE / しおごろー 


 

 

– 全体の感想

チームの中に “色” があるところが本戦にも残っていたかと思います。個々のスキルも高く、個性もあって全体として色の濃いチームは言わずもがなですが、リーダー格のダンサーがチーム全体を引っ張って良い雰囲気を作り出しているところもあったりで、見ていて圧巻でした。

 

– 印象に残っているダンサー, バトル等

予選から通して見て思ったのはHIPHOPの女の子がしなやかさの中に力強さもあって、目を引く方が多かったです。チームとしては『名工大ラーメンサークル』、『South Soundz』は良いクルー感を感じました。踊りの共有はもちろん、一緒に飲んだり遊んだりして、いつも同じ時間を共有してるんだなと思いました。ナイスです。個人として印象に残ってるのは『わで (わでらわでだもんでオールスターズ)』『リランド (SELFISH)』がスキルはもちろんのこと、自分の持つ世界観への持って行き方がズバ抜けてました。カッコよかったです。あと『Nの女』のLOCKERの女の子もFUNKを感じる勢いがあってカッコよかったです。

 

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

当たり前ですが、バトルの勝敗は条件によって変わってくるので結果に一喜一憂せず、まず五感で踊りと音楽を楽しんで下さい。そこから自分の好きな雰囲気や世界観が見えてきて、匂いや色がついてくるかと思います。そういう人ほど印象にも残ります、間違いなく。そしてバトルの時の自分も普段の自分も同じ人間です。緊張しちゃうとかかましたいとか思ってしまうと普段の自分と変わってしまってきっと思ったように踊れなくなりますよね。自分もあるのでわかりますが。そういう時こそ邪念を捨ててその場をまず楽む。結果よりも楽しんだ者こそが勝ちです。等身大の自分をナチュラルに魅せれる人こそカッコいいですね。

 

 

 

– 全体の感想

今回のバトルは、全体的にレベルが高かった気がします。チーム戦なので、一人が突出しているよりも全体的にうまくまとまっているチームが上がったのかなと思います。HIPHOPに関しては「音をはめよう」とか、何か技を出そうとしすぎていて、ナチュラルさや丁寧さが失われて結果的に伝わってない人が多かったように感じます。特にHIPHOP以外のテンポが早い音で踊らなければならない時に雑になることが多いなと感じました。それと全体的にB-BOYがとてもかっこよかったです。BREAK BEATSじゃなくてもしっかりと表現できるのがすごいと思いました。

 

– 印象に残っているダンサー, バトル等

Naked Gunzの三名, kabuto, タイラー,  mt.chan, zozo the fashion, カフェイン, ながりょー…他にも名前がわからない人で良かったダンサーも沢山いました。BBOY以外だと ハルナンティー, J.J.mohammed, しんぺー, わで, kiku, koki, リランど, ふかやん, 雪奈 が個人的に印象に残っています。また『Nの女 (南山大学)』のルーティーンも良かったです。

 

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

この SHOW & PROVE は定期的に開催される大学サークルで戦える数少ないチャンスなので、先輩が引っ張るのもよし、ガチガチの布陣で優勝を狙うもよしですが、やはりバトルなので “勝ちに行こうとする姿勢” が大事かなと思いました。優勝した名工大ラーメンサークルはルーティーンの出し方や、誰がどの曲を踊るかなど上手く配分できていたかなと思います。それは同じメンバーで何度も出ているからだと思います。なので基本は楽しむことを忘れずに挑戦し続けることが大切だと思います。

 

 

 

– 全体の感想

正直な感想は、レベルの差が大きいと思いました。数チームだけ飛び抜けてて、あとは拮抗している印象でしたね。チーム内でもバトル慣れしている人だけがすごく浮いてしまっていたので (良い意味で) … それぞれがバトルの経験を積んでいけば改善されるのかなと思いました。

 

– 印象に残っているダンサー, バトル等

りこ (MSDC)L.C.Tea (Pac20), Pac20 のクランパー / J.J.mohammed (名工大ラーメンサークル)しんぺー (名工大ラーメンサークル) / KIKU (名工大ラーメンサークル) / びーぴーえむのポッパーの女性 / ハルナインティー (ワデらワデだもんでオールスターズ) / kt (ワデらワデだもんでオールスターズ) / kabuto (SELFISH) / mt.chan (SELFISH) / リランド (SELFISH) / kid chunty (SELFISH)

 

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

今回沢山のチームにエントリーして頂けたおかげでイベントがすごく盛り上がりましたし、ジャッジとしてすごく嬉しかったです。ありがとうございました。これからも自分達の地域のイベントを盛り上げ続けていきたいですね。まだバトルで本戦に上がったことが無い人がバトルで結果を出す為には、練習してバトルに出続けるしかないと思うので、今後も挑戦し続けて欲しいと思います。あと僕は BREAK に関してしか経験が無いですが、学生バトルと一般のバトルはレベルが違うので、更に上手くなりたければ県外の一般のバトルも絶対に出た方が良いと思います。挑戦し続けていれば、絶対に上手くなるので、頑張っていきましょう。

 

 

 

– 全体の感想

初めて見た人が結構多かったのですが、かなりフレッシュで、もはやほとんど制御しきれていない感情だったり、エネルギーを近くで感じられたのがかなり良かったです。普段の抑圧された感情やエネルギーをダンスに乗せて外へ出すって、すごく本質的な感じがしていいですよね。笑そんな瞬間をこの日は沢山見れたような気がします。OBはもちろんのこと、現役の学生さんたちもみんな本当にダンス上手だし、音も聞けてるし、その中でも勝ち上がっていく人たちはみんな音楽やバトルを楽しんでいたイメージです。

 

– 印象に残っているダンサー, バトル等

数え切れないくらい沢山いました。あえてあげるとしたら…『DFCアイドル同好会』のhiphopの女の子がナチュラルでかっこよかったです。あいなさんは音が身体中に満ちている感じが見ていてすごく気持ちよかったです。

 

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

ダンスについて悩むこともあるかと思いますが、悩みの8割は練習すれば解決するのでまずは練習しましょう。バトルに出ると勝敗がついて嬉しかったり悔しかったりするかもしれませんが、そこで止まらずに自分のかっこいいと思うことをもっともっと追求して自分を確立していってほしいです。そして、これはダンスに限らずですが、自分の好きなことに時間もお金も体力も惜しみなく注ぎ込んでみてください。なんでもほどほどの人間よりも偏った人間の方が面白いと思います。社会人は金にものを言わせられますが笑 学生さんの場合は工夫して、大いに偏った青春を楽しんでほしいです。今回はお疲れ様でした。

 


 

■ 8月28日(金)『SHOW & PROVE -90′ Music Only Battle-』開催!

東海地区の大学生ダンサーなどを中心に毎回最高潮の盛り上がりを見せる、OBも参加可能な大学サークル対抗クルーバトルが、名古屋市中区にある CLUB LOVER;Z にて開催!

 


 

■ 9月16日(土)『T.A.C.D BATTLE 2017-18 vol.4』開催!

毎回多くの学生ダンサーが参戦し、最高潮の盛り上がりを見せる年間ポイントランキング制ダンスバトルのシーズン第4戦が、STUDIO FORCE 天白Aスタジオ にて開催!

 


 

■ 9月24日(日)『DANCE ALIVE HERO’S 2018 RIZE CHUBU vol.2』開催!

世界最大規模のストリートダンス・バトルイベント『DANCE ALIVE HERO’S』大学生 3on3部門 RIZEサイド の中部地区大会新シーズン第2戦が、pineapple studio scream 名駅校にて開催!

 

 


Recomend topics
  • N.S.Y vol.17

    幅広い地域・年齢・キャリアのダンサーが集結し盛り上がりを見せる、東海エリアを代表するHIP...

  • NATURAL FLOW vol.13

    東海地区のオールドスクール・シーンを盛り上げているバトルイベントが、名古屋市中区の CLU...

  • WHO GOT THE PROPS vol.3

    初回から驚異的な盛り上がりを見せ、各方面から注目が集まるジャンル別 1on1バトルイベント...

  • NIGHT CRUISING × grooveman Spot Future Soul TOUR

    毎月多くのダンサーが集まり盛り上がりを見せる深夜帯の人気ダンサーズ・パーティー『NIGHT...