SHOW & PROVE : JUDGE’S COMMENTS

5月27日(金) 名古屋市で開催された、大学ダンスサークル対抗フリースタイル・クルーバトル『SHOW & PROVE』で審査員を務めた3名の総評を掲載!

総勢22組, 140名を超えるダンサーが参戦し繰り広げられた、白熱のバトルを3名の観点で振り返る!

 

総評写真左より…ゴツゴツだいき, Noway, MASANARI


 

001

 

– 全体の感想

どのバトルも盛り上がってましたね!仲間やクルーをレペゼンし、素晴らしいダンスを引き出し合っていて良かったです。個人的には、バトルの中で音楽を感じてダンスをしているか?個性や自身の拘り、人間味などがダンスを通じて見えるかというポイントを重視しました。予選を通過したチームにはそういったダンサーが多かったように思います。在学生の中には、自分のスタイルを確立できている人は少なかったように感じましたね。

 

– 印象に残ったダンサー, バトル等

チームとしては、優勝した『CLASSICS』『N.U.STYLE』の2チームが、予選のバトルから強く印象に残っています。あと『アンチヒーローズ』は、他のチームには無いバトル感があって格好良かったです。個人では『とっとこ』『mio』『KANEMI』ですね。他にも素晴らしいダンサーは、沢山いましたがキリがないので…すいません (笑)

 

0013

 

– 出場ダンサーなどにメッセージ

バトルの勝ち負けに関わらず「自分はこういうダンスがしたい」とか、自分のこだわり…更には、ダンスに限らず自分の好きな事を追求していってほしいです。それがブレない軸になると思うし、個性、人間味のあるダンスになっていくと思います。

 

今はバトルも増えて、名古屋の学生バトルだけでも自分が大学生の時よりもかなり増えているように思います。学生バトルに限らず、たくさん挑戦して経験値を上げて、自分の感性を磨いってほしいです。僕もどんどん挑戦していきます!今日は、ありがとうございました。

 

 

003

 

– 全体の感想

今回、学生バトルのジャッジをさせて頂きましたが、皆さん本当に上手でした。『学生バトル』となるとつい自分の学生の時と比べてしまいますが、自分達の時よりもしっかり踊れるし…バトルにも慣れてるし…と、学生シーンが盛り上がってきているんだなと感じました。

 

今回、自分が重視したのは、「空気感」「学生らしさ」でした。まず空気感というのは、個人の踊りが支配する空気感もありますが、今回は相手チーム、オーディエンスも含めたチームの空気感です。私が勝手にイベントのコンセプトをイメージするに「仲間とのダンスのシェア」なのかなと。『大学サークル対抗』『クルーバトル』『フリースタイルバトル』という要素を踏まえて考えると…バッチバチの殺し合いのようなバトルも良いけど、やっぱり仲間もオーディエンスも上がる踊りをして、それを思いっきり応援して (無理なく)、相手が踊ったらイイね!こっちはもっとスゴいぜ!って言って踊って、仲間がかませなかったら指さして笑ってやったりして、全員がお互いに引き出し合うコイツら本当仲いんだろうなーって思えるようなバトルを期待しました。

 

予選の得点は「トーナメントでも、きっと良いバトルを生み出してくれるだろう」と感じたチームが高くなりました。予選の時は上手く踊れてない人が目についたりしましたが、トーナメントに入ってからはみんなナチュラルに応援していて、バトルを重ねるにつれて、空気の熱がどんどん折り重なっていくのを感じました。そういうチームが勝ち上がっていったなと思います。

 

みんな自分の居場所をとても大切にしているのを感じることが出来たし、自分も嬉しくなりました。私が昔所属していたサークルは、今は無くなってしまったので残念ですが、皆さんはこれからも学生シーンを思いっきり楽しんで欲しいなと思います。今回はジャッジをさせていただいてとても楽しませていただきました。ありがとうございました。(学生らしさについては後に述べます)

 

 

– 印象に残ったダンサー, バトル等

『FREESTYLE』の皆さんは、非常に “しょーもなくて” GOODでした。『ROUTE20』のチームは、どこも仲が良くて素晴らしいなと思いました。OBと現役生との垣根を一切感じなかったです。KRUMPER の皆さんがバトルを盛り上げている姿は、見ていてスゴいなと思わされました。女の子がいましたが、特に好きでした。N.U.STYLE の BBoy『RYU BEAR』は手を怪我していたと思うのですが、ちゃんとカマしてて格好良かったです。胸が熱くなりました。『しゅり』もスゴく良かったです。全体的に LOCKER の存在感をあまり感じれなかったのは、少し残念でしたね…。

バトルで印象に残っているのは、予選の『ROUTE20 vs SELFISH』が1番上がりました。

 

0012

 

– 出場ダンサーなどにメッセージ

皆さん、もっと思いっきり “面白いこと” を追求していっても良いのかなと思います。(単にウケを狙いに行けと言ってるわけではないです) せっかく学生なんだし、どんなに失敗しても、空気凍りつかせても、何やっても許されるのが、若い学生の特権なので、ガンガン攻めて行きましょう。スベるのもソッコー負けるのもまた一興です。(笑)

 

カッコいいからダンスをやっている訳ですが、カッコいいだけじゃ “キザ” なので、男はダサくてなんぼでしょ!なんて、個人的に思ったり思わなかったりしている訳です。今回、私が見たかった学生らしさは、そういう所にあるのかもしれません。私は、名古屋が1番オモロいダンスシーンだと思ってます。これからも皆で名古屋を盛り上げて行きましょう。

 

 

002

 

– 全体の感想

学生サークルの括りではありますが、やはりOBの印象が強いなと感じました。それは『経験値』だったり『年の功』でもあるので、当たり前なのですが…その中でも学生メンバーがOBを飲み込んで一緒のレベルで戦っている雰囲気のサークルは強いなと感じました。今回の様にOBと一緒に出れるバトルだとOBとの差も直接的に見えてしまうので『現役大学生がどれだけ力を持っているか?』という部分は、重要だったかなと思います。全体的に自分のムーブに必死すぎる人が多かったと思います。もっと、バトル相手と会話をして、人と対峙しているというコミュニケーションの延長にあるようなバトルをしてほしいなと思いました。そんな中でも、気持ちが踊りにしっかり乗っているダンサーはすごく良かったです。

 

– 印象に残ったダンサー, バトル等

・CLASSICS
・N.U.STYLE
・N-crew
・FREESTYLE
・アンチヒーローズ
・名工大ラーメンサークル
・SELFISH
・飛燕

そして、ROUTE20のチームも自分のサークルなので、今回への意気込みや、取り組みも耳にしていた分、個人的に印象に残っています。

 

0011

 

 

– 出場ダンサーなどにメッセージ

学生のダンス・シーンにおいて、番狂わせなんて頻繁に起こりうることだし、下剋上も多々あります。それらが意味している様に、ダンス・スキルにはそこまで差があるわけでは無いと思います。なので、負けてムカついても勝ってる人達のバトルを見た方が良いと思います。まあ、予定があったりもするとは思いますが…自分が優勝する気で来ていたら最後まで残る時間とメンタルの確保はできていると思うので、どーせなら見ていくと勉強になるのかなと思います。次勝つためのヒントが、あるかもしれません。ジャッジ席から見ていて、どんどん減っていくダンサーたちに対しては、そう感じました。

 

そして、やはり決勝に進むにつれ “見応えのあるバトル” が多かったのも事実です。新年度が始まり、昨年まで最前線に立っていたメンバーが抜けて新鮮な感じでした。もちろん昨年もイケイケだったダンサーもいるのですが、まだ今年度は始まったばかりだと思うので、切磋琢磨して個人でもサークルでも、目標や目指すものを持って『今しかない時間』を有意義に使って「ダンスやり過ぎたかな?」ってくらい打ち込んでいってくれたら嬉しいです。

text edited by SOUL CITY NAGOYA
photo by ichiiiiiii


 

■ SHOW & PROVE

東海エリアの大学生ダンサー等から人気を集めるバトルイベント『SHOW & PROVE』が、7月22日(金) 名古屋市中区の CLUB LOVER:Z にて開催!

今回は大学ダンスサークルだけでなく、中学, 高校等の出身校での括りでの出場も可能!夏季テストの息抜きにサークルのメンバーとエントリー!

 

S&P

 


Recomend topics
  • Are U Ready?! vol.3Are U Ready?! vol.3

    初心者限定からスタートした WAACK 1on1 バトルが、名古屋市中区にある CLUB ...

  • FLOCK SUMMERFLOCK SUMMER

    東海地区の大学ダンスサークル連盟、東海ダンスネットワークが主催する大学生ダンサーの夏休み合...

  • MAST☆R’Z 2017-18 vol.4MAST☆R’Z 2017-18 vol.4

    中部地区で活動するU-15ダンサーを対象にした年間ポイントランキング制のダンスバトル・イベ...

  • T.A.C.D BATTLE 2017-18 vol.4T.A.C.D BATTLE 2017-18 vol.4

    毎回多くの学生ダンサーが参戦し、最高潮の盛り上がりを見せる年間ポイントランキング制ダンスバ...