DANCE@LIVE 2016 RIZE CHUBU vol.2 : JUDGE’S COMMENTS

9月27日(日)に開催された「DANCE@LIVE 2016 RIZE CHUBU vol.2」でジャッジを務めた4名の総評を掲載!

総勢49組147名がエントリーし、繰り広げられた激戦のバトルを審査員の方々に振り返って頂きました!

 

JUDGE

※写真左より…BIG WEST, Gohrie, スーパーYUKA, CHABO

 


 

CHABO

 

– バトル全体の感想

学生という事を考えると、個々としてはものすごく上手な人が多いと思いました。その代わり、うまい人とそうでない人のレベルの差が大きかったです。うまい人達はおそらく大学入る以前からダンスをしている人が多いと思うのですが、大学からダンスをはじめた人達も食らいついていったら、全体的なレベルはもっと高くなると思います。

 

– 印象に残ったダンサー、チーム、バトル

沢山いますが、特に良かったのは『リョウ (あ”ーす)』ですね。個性的で他のロッカーと全くカラーが違う部分は良かったですね。あと、『MASANARI (NUAS)』がバトルの流れを持っていった時があって良かったです。『MAYUC (WOMANHOOD)』もチームの空気感を作っていて良かったです。『mize (DING DONG DITCH)』もかっこ良かったです。他にも良いダンサーは本当に沢山いたので、もっと “自分にしかできない踊り” という部分が加わってくると、良いダンサーになると思います。

 

JUDGE001

 

– 出場したダンサー等にメッセージ

バトルやショー、そこでの出会いだったりもダンスの楽しみの一部だと思います。「好きな音楽が流れたら自然に踊ってしまう」そんな感じで、純粋にダンスを楽しむ事と、それを皆でシェアする事を忘れずに、今後も続けていって欲しいと思います。

 

 

Gohrie

 

– バトル全体の感想

ベスト8に上がってからは、見応えのあるバトルがとても多かったですね。ただ、全体的に飛び抜けていたチームは少なかったのかなとも感じました。予選からもっと盛り上がていけると良いなと思いました。

 

– 印象に残ったダンサー、チーム、バトル

『よしまてぃ (あ”ーす)』はとても良くて強く印象に残っています。

 

– 出場したダンサー等にメッセージ

他のバトルと違って「ルーティーンが評価対象になっている」と言うことをもう一度考えてRIZEに臨むと良いと思います。ただし、個々のスキルがなければそれも活きてこないとも思います。クルーよりも一体感を出しやすいのが、3on3だと思いますので、皆さん頑張ってください。

 

 

BIG WEST

 

– バトル全体の感想

全体的なレベルが、年を追うごとに上がってきていて、非常に嬉しく思いました。またルーティーンも、それぞれにオリジナリティがあり楽しかったです。ただし、ルーティーンをやる意味を成していないチームも多くあったと思うので、”ただやる” のではなく、意味のあるルーティーンを出せるような構成を組んだほうが良いのではないかなと感じました。

 

– 印象に残ったダンサー、チーム、バトル

優勝した『アカデミックポータル』のルーティーンと一体感は素晴らしかったです。また、準優勝した『あ”ーす』のクリエイティブな発想は群を抜いていたと思います。その他にも良いダンサーやチームは沢山いましたが、”突出していた” となると上記2チームですね。

 

JUDGE002

 

– 出場したダンサー等にメッセージ

バトルなので「勝ち負け」は付きものです。ただ、そこに本当の意味での重要な部分があるのではなく、バトルに出場すると決めた時から、本場踊り終わるまでの過程が大事だと思います。仲間とルーティーンを考えて練習したり、時には喧嘩したり、飲みにいって騒いだり…そうやって3人の中で培われていく絆や友情こそが、チームバトルに出る大きな意味だと思っています。これは、大人になればなるほど体感することが難しくなります。なので、今のうちに精一杯体感してください。そして、周りにあるこの環境を当たり前と思わず、常に感謝の気持ちを忘れずにチャレンジし続けて欲しいと思います

 

 

YUKA

 

– バトル全体の感想

予選は、個々は良くてもチーム全体を見た時に惜しいなというところが多かったです。ルーティーンがバラバラだったり、音に合わないルーティーンをしていたり。3on3なので、チームワークをもっと大切にできると更に良くなるのかなと思います。結果としては、総合的にバランスの良かったところが予選を上がれたと思います。

 

– 印象に残ったダンサー、チーム、バトル

名古屋市立大学 前田家をみて進め!
名古屋学芸大学 NUAS
京都産業大学 Def House

よしまてぃ (あ”ーす)
MASANARI (NUAS)
チカコDX (NUAS)
Showski (SELFISH)

 

– 出場したダンサー等にメッセージ

自分を信じて貫いて楽しくダンスを続けて行きましょー。今日はありがとうございました。

 


 

■ DANCE@LIVE 2016 RIZE CHUBU vol.2 REPORT

国内最大級のダンスバトルイベント『DANCE@LIVE』2015-16シーズンの開幕戦!大学生3ON3バトル部門の中部予選が、9月27日(日) Pineapple Studio Scream にて開催!

総勢49組147名の大学生ダンサー達が「中部代表の座」を摑み取るべく熱いバトルを繰り広げた。

 

001

レポートページへは画像をクリック!

 


Recomend topics
  • CHALLENGER vol.3

    2017年度の JUSTE DEBOUT JAPAN・LOCKIN’ サイドのチャンピオン...

  • Raise Spirits vol.1

    東海エリア LOCKIN' シーンの底上げをすべく、新たに始動した LOCKIN' 1on...

  • BUZZ STYLE vol.12 – NAGOYA PRELIMINALY –

    大学生ダンサーの甲子園!関西を拠点に毎年全国的な盛り上がりを見せるチームダンスコンテスト「...

  • T.A.C.D BATTLE 2017-18 vol.5

    毎回多くの学生ダンサーが参戦し、最高潮の盛り上がりを見せる年間ポイントランキング制ダンスバ...