DANCE@LIVE 2017 RIZE CHUBU vol.1 : JUDGE’S COMMENTS

6月26日(日)に開催された世界最大規模のダンスバトル・イベント大学生 3on3部門の中部地区予選「DANCE@LIVE 2017 RIZE CHUBU vol.1」で審査員を務めた4名の総評を掲載!

総勢40組120名がエントリーし繰り広げられた、激戦のバトルを審査員の観点で振り返る!

 

RIZE005※左より…Ahyumi, たかゆ〜, Yellow Monkey, kt


 

001

 

– 全体の感想

過去にRIZEのジャッジをさせて頂いた時と比べて、全体的にレベルがすごく上がっていたと思います。特にルーティンは良く考えられていて、多くのチームから “一体感” を感じることができました。その反面ソロは良いのにルーティンでばらついていたり、ルーティン自体は良いけどルーティンとソロの間に隙が見えてしまったり「勿体ないなー」と感じるチームもありましたね。でも、以前に比べると出場者のジャンルの偏りもなく、KRUMP、HOUSE、WAACK など…今まであまり見られなかったジャンルのダンサーも非常に多くて、Waacker として素直に嬉しかったです。

 

– 個人的に良かったダンサー, バトル等

『KIKU (名古屋工業大学 / in the color)』(以下敬称略) は、予選から決勝まで光っていましたね。『しゅり (名古屋大学 / RIP PEEPS)』はナチュラルに音を感じていて、心にグッときました。『kaito (愛知学院大学 / Rep Trine)』は急に倒れたり、予想を反する感じがよかったです。『SHUHEI (愛知学院大学 / Rep Trine)』のムーブには何度も自然に声がでました。ベスト16のトーナメントからは悩むバトルも多く、僅差の戦いが多かったと思います。

 

RIZE002

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

出場チームそれぞれに “仲間と支え合ってチャレンジしている” ことを感じられて、とても良かったです。学生時代に過ごした時間や思い出は、一生の宝になると思います。それが大人になった時に色々な部分で繋がってくると思うので、”今しか出来ないこと” を全力でやって欲しいです。

 

002

 

– 全体の感想

全体的には、チームに1人ムードメーカーになるダンサーがいたチームが見やすかった印象でした。バトル中に間を詰めれてないチームや、ルーティーンをやるのに精一杯なチームは勿体無かったですね。隙を見せずに集中して貫いていたチームに票を上げました。

 

あと、個々のスキルのバラつきは気になりましたね。上がっていくチームは、予選でバトルフィールドに立った瞬間からファッションや空気感が違っていたと思います。今回は、自分のダンスと真剣に向き合ってるダンサーは少ない印象でしたね。でも、イベントを通して観客の素直なレスポンスは本当に良い空気感でした。ジャッジムーブの時も救われました。僕自身、岐阜を拠点に活動していますが、岐阜の大学からのエントリーが無くて個人的には残念でした。

 

– 個人的に良かったダンサー, バトル等

優勝した『KIKU (名古屋工業大学 / in the color)』と、ベスト4に輝いた『RYU BEAR (名古屋大学 / RIP PEEPS)』は男前でした。僕もあんなダンスがしたいです。女の子だと『ikagawaack (南山大学 / ミカエル・カルマノ)』『ネネ (名城大学 / エコノミーヒューマン)』『しゅり (名古屋大学 / RIP PEEPS)』『ハルナインティー (愛知淑徳大学 / キャンパススクエア)』『Miki (名城大学 / エコノミーヒューマン )』が良かったですね。『チカコDX (名古屋学芸大学 / NUAS)』は、一生懸命チームを引っ張ろうとしている姿が素敵でした。クランパーは皆良かったです。
決勝戦はハッピーな気持ちになりました。準決勝の『愛知淑徳大学 : キャンパススクエア vs 名古屋市立大学 : NCUの末裔』という3名全員が、HipHopダンサーの対決はどちらのチームも良かったです。

 

RIZE001

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

バトルなので、相手に向かって踊って下さい。自分のキャパシティーを越えてグチャグチャになっても良いので、真っ直ぐ貫いて下さい。そして、もっとチームメイトの懐に飛び込めるような関係を築いて下さい。練習とかだけじゃ無く、飯食ったり、遊んだり、その他諸々。優勝したチームはそれが出来ていたと思います。あとは、色んな音楽と戯れて下さい。音に集中して下さい。シンプルな音取りやフォルムを意識して踊って下さい。偉そうに言いましたが、自分も大切にしていることです。僕も頑張るので、お互いに頑張りましょう。また皆さんとお酒を飲みながら話したいです。

 

003

 

– 全体の感想

ダンスを楽しんでいる人が多かったので、僕も楽しみながら審査させて頂きました。特に大学生のバトルは仲間達からの野次がよく飛んでいて、僕の中ではそういった野次もこのRIZEの醍醐味の一つになりつつありますね (笑) 毎回そこも含めて楽しませて頂いています (笑)

 

– 個人的に良かったダンサー, バトル等

優勝した『名古屋工業大学 / in the color』の3名が準決勝と決勝でスゴく良い踊りをしていて、純粋にテンションが上がりました。”エモーショナルなダンス” に痺れました。

 

RIZE003

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

僕の口から敢えて言う事は何もありません…「愛」とは何か、分かる人いたら教えて下さい。

 

004

 

– 全体の感想

最後まで残ってる人が結構多かったので、最後までイベントが盛り上がったと思いますし、勝っているチームのことを研究してるのかな?って思いました。今回に限らず、他のイベントでもそうした方が良いと思います。むしろ学生イベント以外の方が勉強になることも大きいと思います。仲間と皆でバトルに行けば、皆でバカ騒ぎしながら決勝までバトルを見れると思うので、今後もまるっとイベントを楽しんでいきましょう。

 

– 個人的に良かったダンサー, バトル等

予選を上がれなかったけど『シュンティーロ (愛知学院大学 / SELFISH)』予選のバトルは、かなり良かったと思います。サイファー中の ゆうさく、セイタロー、ハヤテも良かったっすねー。かっこよかったす。バトルでは『RYU BEAR (名古屋大学 / RIP PEEPS)』がベスト8でカマしていて、そのカマし方がとても良かったです。『KIKU (名古屋工業大学 / in the color)』も成長見れてよかったです。新しいフィーリングを見つけたんかなって感じでした。『ハルナインティー (愛知淑徳大学 / キャンパススクエア)』もよかったっすねー。シルエット変えたのかなーと思ったら、大人になったからみたいですねー。意味深…..『名古屋工業大学 /  in the color』の決勝戦で出したルーティンは結構くらいました。すげー良かったです。

 

良いバトルやったんは『名古屋市立大学 / NCUの末裔 vs 中部大学 / Cat’s Cradle』が一番よかったと思います。バトル終盤のルーティンの感じが両チームとも良かったし、そこで勝敗を分けたかなって思います。あと、NCUの末裔を見てて、ほんま先輩らのこと好きやねんなって思いました。3人の深い部分も垣間見えた気がしますw あとは、個々のオリジナリティに落とし込んで欲しいですね。

 

RIZE004

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

今やれることは、今しかやれないので…『今やりたいこと』『やろうと思ってること』があるなら、今すぐにでも行動に移した方が良いと思います。”今” はこの瞬間しかないので、悔いの残らないように今を生きてください。


 

■ DANCE@LIVE 2017 RIZE CHUBU vol.1 REPORT

国内最大規模のダンスバトル・イベントの大学生 3on3部門の新シーズン開幕戦「DANCE@LIVE 2017 RIZE CHUBU vol.1」が、6月26日(日) 名古屋市中村区の pineapple studio scream にて開催!

総勢40組, 120名が参戦した激戦のバトルを振り返る!

 

RIZE000※レポートページへは画像をクリック!


 

■ DANCE@LIVE 2017 RIZE CHUBU vol.2

世界最大規模のストリートダンス・フェス『DANCE@LIVE』大学生 3on3部門 RIZEサイド の中部地区大会第2戦が、pineapple studio scream 名駅校にて開催!

 

rize
※イベントページへは画像をクリック!


Recomend topics
  • Are U Ready?! vol.3Are U Ready?! vol.3

    初心者限定からスタートした WAACK 1on1 バトルが、名古屋市中区にある CLUB ...

  • FLOCK SUMMERFLOCK SUMMER

    東海地区の大学ダンスサークル連盟、東海ダンスネットワークが主催する大学生ダンサーの夏休み合...

  • MAST☆R’Z 2017-18 vol.4MAST☆R’Z 2017-18 vol.4

    中部地区で活動するU-15ダンサーを対象にした年間ポイントランキング制のダンスバトル・イベ...

  • T.A.C.D BATTLE 2017-18 vol.4T.A.C.D BATTLE 2017-18 vol.4

    毎回多くの学生ダンサーが参戦し、最高潮の盛り上がりを見せる年間ポイントランキング制ダンスバ...