N.S.Y vol.13 : JUDGE’S COMMENTS

10月18日(日)に開催された、東海エリアを代表する HIPHOP 2on2バトル「N.S.Y vol.13」で審査員を務めた3名の総評を掲載!

 

NSY001

 

総勢150名を超えるダンサー達が集結し、最高潮の盛り上がりを見せた激戦のバトルを改めて振り返って頂きました。


 

BAGU

 

– バトル全体の感想


出場者のスタイルや、年齢層も本当に様々で、勢いだけで上手い子を倒しちゃうっていうようなバトルが多々あって非常に見応えありました。

 

– 個人的に印象に残っているダンサー、バトルなど


まずベストバトルは
『月曜から夜更かし vs サンキューボーイ』ですね。『Wild Twiggz』のノリに乗ってるクランプに『Mr. Kitoh』さんの摑みどころ抜群のダンスが噛み合ってました。負けはしましたが、『サンキューボーイ』『0014』さんの久しぶりの “ウネウネドンダンス” が僕に突き刺さりました。ヤバかったです。

 

『かけっこ』のメガネ掛けてた子は非常にダウンに深みがあって「シンプルだけど、また見たくなるダンス」をしてました。僕のセレクト音源「zooのH.I.R.O.C.A.P」での16ビートも最高でした。敗者復活からピックアップしたかったです。

 

『masahiro (YASUHIKO+masahiro)』さんは音を凌駕するくらいの勢いで踊ってて良かったです。『MIHO (blue shift)』は初めて見たけど、かなりフィーリング高めで好きなダンスでした。『DOMA』の二人もフィーリング高めで、コンビとしても良い雰囲気を保って終始良いダンスしてました『Rinka (Burst)』は深いダンスしてて惹きつけられました。

 

『ADAMOSTE』のお二人は僕がヒップホップに出会った頃のイケイケなお兄ちゃんの雰囲気をバンバン出してて、踊りもイケイケで…でも僕のセレクト音源「在日ファンクのダンボール肉まん」では、かなりセッション感あるステップをしてて…かっこ良かったです。『ジュビロ宮地』は音にのってる事を第一にダンスしてて、見ていて気持ち良い感じでした。

 

僕が個人賞をあげた『yamato』君は、終始 “会場全体を引き込むくらいのぶちかまし方” をしていて、見てる僕も終始椅子から立ってました(笑)

 

『ONYX』の2名は、ビーボーイイズムをしっかり見せてくれていて…かっこよ過ぎました。『オバニン』『Baanin Tatsuya』はやっぱ最高ですね。チームメイトとかそうゆうの抜きで、あの日あの場所あのダンスを見れて良かったと感じれました。『オバ』はもっと出せれたと思いました。

 

– 出場したダンサーなどにメッセージ 

また名古屋に遊びに来ます。その時は気軽に声掛けて頂いて一緒にサイファーしましょう。そして、僕は「キムタクより江頭!」あなたはどうですか!?

 

 

AYUMIJAPAN

 

– バトル全体の感想


まずは、111バトル見たんだなーと客観的に感じている現在の私がいます。今回改めて感じた事は、お客さんとして見るのと、ジャッジとして見るのは、本当に感覚が違うなーと思いました。皆様お疲れ様でした。正直疲れました。でも、特等席で見てる私たちは、待ってる皆様よりも疲労感はなく、BaGuなんて、ずーっと笑顔だったらしいですからね (笑) 充分に私も楽しませて頂きました。

 

NSYは 2on2なので…私の場合は「チームの中のどちらか一人がずば抜けていい!」で勝敗はつけてません。二人のバランスや、グルーヴで良かった方に勝ちをつけさせてもらいました。『一人じゃない強み』『相方へのリスペクト』そういった部分もバトルに影響しますからね。

 

– 個人的に印象に残っているダンサー、バトルなど


印象的だったのは、優勝した
『やなすけ』ですね。一番 “HIPHOP” を感じました。「土臭い」という表現が一番似合う二人でした。土臭い、、ニュアンスすぎてわからない人もいると思いますが、そこはニュアンスで感じてください。形ではないですから。HIPHOPは!私個人、ここ最近再確認してるのは、やっぱりHIPHOPが好きで、新譜や知らない音でも一番反応してるなーと。

この世の中、知らない物のほうが多くて、その中で挑戦してる人は、本当にかっこよかった。それらを自分のものにできてる人は自然と勝っていってたんじゃないかと思います。

 

トーナメントに上がれなかったチームの中で印象に残っているのは、下記のダンサーです。

・CRYPTID:ハンチングの女の子
・STRAPS:ネイビーの服の子
・birth:の二人の変態っぷり
・トンボウズ:stussyのカーキTシャツの子
・かけっこ:メガネの子
・わいけけ:Lのキャップの子
・G.second:cypherのTシャツの子
・chupa☆chaps
・KIDY
・Abnormal guy
・SJ CLAN:new jackの子
・blowR:S アディダスのキャップの子
・お風呂セット:MY GAME Tシャツの子
・みのそ
・凸

 

– 出場したダンサーなどにメッセージ


正解なんてないし、結局最後は好みの部分にもなってくるし。ジャッジに認めてほしくて踊ってるわけじゃないけど、本当にいいなーと思った人は、”ほんの少しの、ほんの1部を切り取ってもかっこよくて”、個人的に印象的だったダンサーとして、ピックアップさせてもらいました。いろいろ思うこともありますが、まとまりそうにないので、この辺で。

余談…私は、今までもこれからも、後ろ姿がかっこいいと思われるようなダンサー目指してます(笑) みなさんも何か1つ目標を!

 

 

SUSUMU

 

– バトル全体の感想


各地方から様々な人達のエントリーがあり、それぞれに個性が溢れていて、JUDGEしていてとても楽しかったです。その中でも、BREAK, KRUMPの人達の活躍が目立ち、若干HIPHOPのチームが押され気味にも感じました。全体的にルーティーンなどを使って勝負してくるチームが少なく、パターン化していたようにも感じたので、『2on2ならではの戦い方』をするチームがあると更に盛り上がったのかなと思いました。

 

– 個人的に印象に残っているダンサー、バトルなど


KRUMPER全般、大阪のFEMALE DANCER全般、ONYX の2名、Mr. Kitoh (月曜から夜更かし)、UC (バチバチ)、Baanin Tatsuya (オバニン)

 

– 出場したダンサーなどにメッセージ
以前から僕もこのNSYに出場したりしていて、このイベントを通して新たな発見が沢山ありました。足を運ぶ事で視野が広がっていくと思うので、これからもどんどん参加してイベントを盛り上げ、皆で高め合っていきましょう。ありがとうございました。

 

N.S.Y

※N.S.Y レポート等は、当イベント主催者の『UC (daft, INDIAN CREW)』ブログをチェック!

 


Recomend topics
  • SHOW & PROVESHOW & PROVE

    東海地区の大学生ダンサーなどを中心に毎回最高潮の盛り上がりを見せる、OBも参加可能な大学サ...

  • SUMMER VIBESSUMMER VIBES

    東海地区を中心に最前線で活躍する各ジャンルのダンサ一と、東海地区にある各スタジオから選抜さ...

  • FULL THROTTLE NAGOYA 2017FULL THROTTLE NAGOYA 2017

    関西を代表する人気BBOYバトルイベントが、今年も名古屋に上陸!年齢制限なしの2on2 B...

  • MAST☆R’Z 2017-18 vol.4MAST☆R’Z 2017-18 vol.4

    中部地区で活動するU-15ダンサーを対象にした年間ポイントランキング制のダンスバトル・イベ...