NATSUKO – master works TOKAI – SPECIAL INTERVIEW

2019年3月11日(日) 東海市芸術劇場にて開催される、ダンスエンターテインメント + 大人数制ダンスコンテスト『master works TOKAI』第六章。今回は特別企画として、東海地区を拠点に活躍する実力派コレオグラファーのインタビューを掲載!第三弾は『NATSUKO (チョコランタン / DANCE STUDIO GOOZ)』が登場!

 

 

– 自己紹介をお願いします。

NATSUKO です。岐阜県にある DANCE STUDIO GOOZ の代表を務め、GOOZ entertainment company、チョコランタン としても活動しています。

 

– まずはダンスを始めたきっかけなどを教えてください。

チャーリー・チャップリンに憧れていたこともあり、エンターテイナーという存在に強く魅力を感じていて、キャラクターダンサーを目指しダンスの世界に足を踏む入れました。

 

– 岐阜県を拠点に様々なご活動をされているそうですが、現在はどのようなご活動をされていますか?

DANCE STUDIO GOOZ の運営を始め、様々なイベントも開催しています。教育現場、社会貢献活動の取り組み、さらにはエンターテイメントビジネス確立の為、後進の育成と舞台公演のプロデュースも行なっています。

 

 

– 多岐に渡りご活躍されていますが、振付師としての作品作りや、舞台公演のプロデュースなどの活動を始めたきっかけは何でしたか?

ダンススタジオの発表会規模で作品を制作した時に、”大人数での舞台演出の楽しさ” に魅了されて、踊る側ではなく作る側に非常に興味を持ったのがきっかけですね。

 

– なるほど。ではそう言った作品を創る際に、振付師として意識していることや大切にしていることなどあれば教えてください。

そうですね。様々ありますが、その中でも重要視していることは、エンターテイメント性を出せるかどうか。魅せるのではなく観える作品にすること。「観衆の誰がどのスタンスで観ても楽しめるように」振り付けや演出の中で工夫を心がける。そして、それらを踏まえて表現する演者が気持ちよく作品に入っていけるよう、常にコミュニケーションを取り仲間意識を高く持ち続けるようにしています。

 

 

– 過去、様々な舞台に立たれているかと思いますが、現在までに振付師として思い出に残っているコンテストや出演したステージなどあれば教えてください。

そうですね。Legend TOKYO と master works TOKAI が、特に印象深く残っています。はじめて大人数舞台のコンテストを経験し、見るもの全てに衝撃的な印象を受けました。私の中で「振付師としての力量が、果たしてコンテストでも通用するのか?そんな舞台があれば挑戦してみたい」という感情が芽生えていて、それを実現させてくれた大会でした。この舞台に挑戦したことがきっかけで、私自身のダンスの視野・世界が、また一段と広がったのも事実だと思います。ダンサーの配役、スタッフの配置、音楽編集、照明効果、小道具衣装製作、総合演出などまるで映画監督の様な経験をさせて頂きました。アリーナ規模での舞台を作り込むことが難しくて非常に苦労をしましたが、ダンサーやスタッフと共に闘えたこと、そして色々な方々から数多くの高評価を頂けたことは、今でも大きな財産となっています。

 

 

– ここから更にご活躍の場は広がっていくと思われますが、今後の展望や目標などはございますか?

老若男女問わず「誰でも楽しむことのできるダンスエンターテイメントショーケース」を作り上げ、
地域活性・訪問活動の一貫として全国各地で活動をし、ダンスエンターテイメント事業の確立を求めて動いていきたいと考えています。

ダンサーがダンサーの前で踊る世界もとても大切ですが、一般社会と強く結びついて、より多くの方へダンスの魅力を伝えることも重要であると私自身は考えています。ダンススキルだけでなく社会性が身につくような環境をつくり、ダンスの新たな時代を作っていきたいです。

 

– まだまだお聞きしたいことは沢山ありますが、最後にこの master works TOKAI にチャレンジしてみたいと考えているダンサーや、大人数のダンス作品作りに興味があるダンサーなどに何かメッセージがあればお願いします。

全国には優れたコレオグラファーが多くいますが、ここ東海地区にも才能あふれたダンサーは沢山います。東海地区のダンサーが作る舞台は「どの角度からの視点で、どのような演出で創るのだろう?」と、私自身も非常に興味があります。是非チャレンジしたいという意欲が少しでもあれば、臆せずに “自分の頭の中や心の中で作り描いたもの” を舞台ダンスとして世に送り込んで欲しいと思います。ひとりでも多くのコレオグラファーが、ここ東海地区からも生まれていくことを期待しています。

 

 

[プロフィール]

・NATSUKO (チョコランタン / DANCE STUDIO GOOZ)

岐阜ダンススタジオDANCE STUDIO GOOZの代表を務める。所属チーム「チョコランタン」として東海を中心に活動。ダンスコンテスト「HOME BASE 」「2nd BASE」主催。総合発表会「GHETTO STYLEZ」をプロデュース。教育現場での指導や老人介護施設への慰問など、社会貢献活動にも力を入れている。その他、年間数多くの振り付けを手がけ、メディアで活動するダンサーを育成指導、各種イベントも多く開催している。

 


 

■ master works TOKAI -第六章-  第一次コレオグラファー募集

2019年3月10日(日) 愛知県東海市にある東海市芸術劇場大ホールにて開催される…東海エリアのダンスを変えるダンスエンターテインメント + コンテスト『master works TOKAI』第六章に出展するコレオグラファーを募集中!

東海・中部地域をレペゼンする素晴らしい作品を、エンターテインメント性のみではなく、アート性も考慮して選出する大人数制のダンス・コンテスト!出展希望者はエントリー受付ページをチェック!

 

 


Recomend topics