KANAMI – master works TOKAI SPECIAL INTERVIEW

2019年3月11日(日) 東海市芸術劇場にて開催される、ダンスエンターテインメント + 大人数制ダンスコンテスト『master works TOKAI』第六章。今回は特別企画として、東海地区を拠点に活躍する実力派コレオグラファーのインタビューを掲載!第一弾は『KANAMI (Romp)』が登場!

 

 

– まずは、自己紹介をお願いします。

KANAMI です。Romp というチームでの活動や、生徒をはじめとするキッズチームのプロデュース、更に 2015年 からは MAG!C☆PRINCE の振付・演出なども担当しています。

 

-よろしくお願いします。現在、様々なフィールドで幅広くご活躍されていますが、何歳の頃よりダンスを始めましたか?また、ダンスを始めたきっかけなども教えてください。

はい。小学生の時に初めて 安室ちゃん (安室奈美恵) のパフォーマンスを見てダンスというものを知り、中学生になってレッスンに通い始めたのがきっかけでダンスを始めました。

 

– そうなんですね。中学生時代からスタートしたダンサーとしてのキャリアですが…現在ではアーティストや、数々のキッズチームの振り付け、プロデュースなどでもご活躍をされていますが、振付師 (プロデューサー) としての活動を始めたきっかけは何でしたでしょうか?

 

コンテストに作品を出展することを前提として「自分が形にしたいことや、表現したいことをどこまで具現化できるか?」ということにチャレンジしてみたかったのが一番ですね。あとは「私に付いてきてくれている生徒達と一緒にコンテストという舞台へ挑んでみたかった」という気持ちも大きいですし、色々なことを教えて下さった CONiY さんの元でアシスタントとして学んできたことが無駄にならないよう、そこでの経験を新たなフィールドで活かしたかった気持ちもあり、振り付けやプロデュースなどに特化した活動も始めました。

 

 

– KANAMI さんが、振付師として “作品を創る際に大切にしていること” などありましたら、お聞かせください。

“自分が表現したいことをやり切る” ことをまず一番大切にしています。ただし、そんな作品や舞台も “見てくれている人がいるからこそ成り立つもの” だと思いますので、(見ている方々を置いていくような) 自己満足の為だけの作品にならないよう、ストーリーがある場合は、意味や内容が見ている方々にも伝わるように考えて作るようにしています。

 

– 主観性と客観性のバランス感を大切にされているのですね。勉強になります (笑) では、振付師として現在までに様々なコンテストやステージに 出展, 出演 されているかと思いますが…その中でも印象に残っているステージなどありましたら教えてください。

master works TOKAI 第四章で、最優秀作品賞を頂いた時と、初めて出演した Legend Tokyo ですね。この二つのコンテストは、私が振付師として大きく成長させて頂くきっかけを頂きましたし、ここで得た経験は振付師としてだけでなく私自身も変えてくれた忘れることが出来ないものになっています。

 

 

– なるほど。先ほどお話に出ました master works TOKAI では、現在出展コレオグラファーを募集されていますが、出展を考えている方などにメッセージがあればお願いします。

コンテストというものは必ず結果が出て勝敗がつくもので、しかも大人数となると振付師への負担はかなり大きくなってしまいますが…『仲間とみんなで一つのことに一生懸命になって頑張る』というのは他ではなかなか経験出来ないものです。今はナンバーなど多いですが、コンテストとなると全く違うものだと私は思います。ナンバーなどに興味があって、自分の表現したいことがあり「自分の生徒や仲間たちとチャレンジしてみたい」と少しでも思っている方は、是非チャレンジして自身の表現したいことが詰まった作品を多くの方に届けてください。

 

 

– まだまだお聞きしたいことは沢山ありますが、最後に今後の目標や展望などあればお聞かせください。

一人の人間として更に成長して、責任を持てるような人になりたいと思っています。その過程で良い踊りが出来るようになってたいですね。私としては今後もどんな場所であれ、自信を持って楽しく踊ってたいです。

 

 

[プロフィール]

・KANAMI (Romp)

Romp のメンバーとして東海エリアを中心に様々なコンテストなどで輝かしい成績を残し、現在では 振付師, プロデューサーとしても活躍。Legend Tokyo などの国内最高峰の大会にも出演し全国から一躍注目を集めるだけでなく、自身が手がけるキッズチームも数々のコンテストで目覚ましいほどの実績を残すなど、そのマルチな才能を遺憾なく発揮している。

 

[経歴]

・Legend Tokyo Chapter8 ライジングプロダクション特別賞 (2018)
・DANCE DYNAMITE MEGAダンスコンテスト 3位 (2017)
・master works TOKAI -第四章- 最優秀作品賞、梅棒賞受賞 (2016)
・Legend Tokyo Chapter6 審査委員長特別賞、JDAC特別賞 (2016)
・master works TOKAI -第一章- 優秀作品賞、エンターテイメント賞受賞 (2014)
・DANCE DYNAMITE オープンクラスファイナリスト (2012/10/09/07)
・DANCE DYNAMITE 準優勝 (2010)
・POWER STAGE NEO 3位 (2009)
・BOWWOW & OMARIONダンスコンテスト 優勝 (2008)
・大須ダンスコンテスト 準優勝 (2008)
・DANCE TRIMUCH ファイナリスト (07/06)
・DANCE DREAM 第3戦 準優勝 (2006)
その他、多数受賞歴あり

 


 

■ master works TOKAI -第六章-  第一次コレオグラファー募集

2019年3月10日(日) 愛知県東海市にある東海市芸術劇場大ホールにて開催される…東海エリアのダンスを変えるダンスエンターテインメント + コンテスト『master works TOKAI』第六章に出展するコレオグラファーを募集中!

東海・中部地域をレペゼンする素晴らしい作品を、エンターテインメント性のみではなく、アート性も考慮して選出する大人数制のダンス・コンテスト!出展希望者はエントリー受付ページをチェック!

 

 


Recomend topics