MAST☆R’Z 2018-19 SEASON FINAL : JUDGE’S COMMENTS

3月24日(日) 名古屋市中村区にある pineapple studio Scream 名駅校 にて開催された、中部地区で活動するU-18ダンサーを対象にした年間ポイントランキング制ダンスバトル・イベント『MAST☆R’Z』シーズン・ファイナルで審査員を務めた5名の総評を掲載!

 


 

 

 

– 全体の感想

全体的にレベルが高かったと感じました。特に B-Boy, B-Girl は、キッズとは思えない仕上がりでびっくりしました。当日予選はどうしても枠が少ないから激戦で、一回戦から見ててすごくカッコいいダンサーも、二回戦や最後の2人 (部門によってはサークルから1人) を決めるときに、ノリきれずに敗けてしまった子もいて…もっと見たかったなと思っていました。トーナメントからは更に見応えあるバトルばかりで審査も割れていたので、惜しくも敗けてしまった子も、減点ポイントがあったと言うよりは、”良かったけど対戦相手がさらにジャッジの心に響いた” と言う感じだったと思いました。

 

– 印象に残ったダンサー, バトルなど (全て敬称略)

トーナメントに出場していたダンサーや、当日予選から勝ち上がったダンサーは、全員とても格好良かったです。また機会があれば、個人的に話が出来たら嬉しいです。なので、惜しくも上がれなかった子の中で印象に残った子をあげると、Kira☆Queen / TAIYO / JIN / TAIGA / あと名前がわかりませんが、アニメーションの女の子と、OVER CLASSに出てたハウスの男の子。そして頭にヘアバン?ターバン?巻いてたハウスの女の子が、特に印象に残っています。

 

 

– 出場ダンサー等へメッセージ

まず優勝された皆さんは、本当におめでとうございます。スキルもフィジカルもメンタルも、全てが高くて本当に素晴らしいと思いました。今回惜しくも結果が残せなかった皆さんも、それに負けないくらい素晴らしいダンスを見せていました。昨年度の予選の際にジャッジさせて頂いた際に見ることが出来たダンサーは全員すごく成長して、上手くなってました。是非このまま “自分らしさを大切に、自分らしく” ダンスを続けていってください。

 

 

 

– 全体の感想

当日予選に関しては、トーナメントと比較すると少し熱量が足りなかったかなと思いました。「これに上がれば本戦で踊れる!」という意気込みというか、気合いというか。それが今ひとつ伝わってこないダンサーも多かったように思います。トーナメントに関しては、シードで上がってきた子も当日予選で上がってきた子も大人顔負けのスキルで驚きました。

 

– 印象に残ったダンサー, バトルなど

一番印象に残った子は、名前がわかりませんが OVER CLASS に出ていた茶色い帽子を被ってアニメーション・ロボットをやっていた女の子ですね。自分のスタイルや世界観を崩すことなく、一つ一つを良い意味で淡々とこなしていく姿はとても印象的でした。

 

 

– 出場ダンサー等へメッセージ

イベント最後のコメントでも言いましたが、大切なのは「自分が納得できるダンスを出来たかどうか?」です。バトルなので、結果は当然大切なのですが…結果に左右されすぎず “自分が大切だと思う事・格好良いと思う事” を信じて、磨き続けていってください。出場していた皆さん、素晴らしいダンスをありがとうございました。

 

 

 

– 全体の感想

予選は上手なダンサーが沢山いました。あの中で 1人しか選べなかったので毎回とても迷いました。それぐらいみんな素晴らしかったです。トーナメントに上がった子達は、さすが勝ち抜いてきたな!って感じで、レベルの高さは勿論のこと純粋にダンスが格好良かったです。あとはバトル以外の部分では、もう少し全体で盛り上がれたら嬉しかったですね。やはり仲間や家族の応援は力になりますし、普段踊り合ってるライバルだからこそリスペクトして声を出して応援してもよかったかな?と思いました。

 

– 印象に残ったダンサー, バトルなど 

一番印象に残っているのは TOP CLASS に出ていた B-Girl の ayane ですね。ブレイクビーツがなった瞬間の踊りが、ヤバ格好良かったです。優勝した KAREN も身体をしっかりと使えてて終始良いダンスをしている印象です。あと全体的にB-Boy, B-Girl は上手でした。

 

 

– 出場ダンサー等へメッセージ

バトルは、予選から上がれなかったり、トーナメントに進めても勝敗がついてしまいますが…その中で『自分のダンスがどれだけ出来たか?』が問題です。例え負けてしまっても、自分が「良いダンスができた」と思えたならば、そのままチャレンジし続ければ必ず予選を上がれるようになると思いますし、勝てるようになると思います。負けたら悔しいですが、その悔しさをバネにして練習すれば絶対上手くなれます。ダンスの楽しさを忘れずにこれからも続けてください。ありがとうございました。

 

 

 

– 全体の感想

当日予選もありましたが、シーズンファイナルのグランドチャンピオンシップスという事で、見応えのあるバトルが多かったかと思います。イベント最後のコメントでも、言いましたが世代別になっていて、この先も競い合っていくであろう同世代の仲間やライバルを意識でき、そして戦えている事が素晴らしいと感じました。

 

– 印象に残ったダンサー, バトルなど 

沢山いるので順不同で並べておきます。SUZAKU / Lady Loopz / まさと / たいき/ BULL / AYU / シド / ayane / ライト / Mt.RUI / みー / Riku / ko_ren はとても印象的でした。あと名前がわからないダンサーでも、素晴らしいダンスを見せていた子達も沢山いました。やはり、僕のジャンルであるブレイキンに関しては、印象的な場面が多かったですね。

 

 

 

– 出場ダンサー等へメッセージ

お疲れ様でした。皆さんのダンス人生の一ページに関わることが出来て、嬉しく思います。今年度はこの形で一区切りなので、そこに関しては勝った人も負けた人も結果を噛み締めて次に繋げてください。何事もステップで、無駄なことはありません。

出場していた皆さんは、考えたり悩んだりすることが多い時期の人がほとんどだと思います。周りの友達、仲間がどんどん結果を出して、自分は出せなくて悩むこともあると思うし、嫉妬する事もあると思います。でもそれも悪いことでは無いです。結果がついてこなくても自分を責めて、自分の踊りを嫌いにならないでください。悩んで悩んで、踊り切って一滴の力を絞り出せるダンサーになってください。

学校生活・人間関係が複雑な時期にいる人も居ると思いますが、ダンスだけでなく、全ての時間が自分の人生にとって重要です。沢山の友達を作って、切磋琢磨できる仲間を大切に10年後、今の話を笑いながら出来る仲間を作っていってください。それが財産になります。沢山楽しい時間を過ごしてください。また皆さんと会えることを楽しみにしています。

 

 

 

– 全体の感想

今シーズン最後のグラチャンという事で、見応えあるバトルも多く楽しませて頂きました。全体を通しては、もっと音楽を聴いてリズムをしっかり取れると更に良くなるのかなと思います。フリースタイルバトルなので、様々な音楽がかかると思います。それに対して一定のアプローチの仕方しか出来ないと、音とリンクしていない踊りになってしまうと思います。トーナメントに進んだダンサーは、全体的に音楽に素直に入り込めていて格好良かったです。

 

– 印象に残ったダンサー, バトルなど 

輝いてて格好良いダンサーは沢山いました。中でも、SUPREMACY CLASS の決勝戦『にいそら vs たいき』は最高に熱いバトルでした。その他は KAREN / BULL / RENSHI / @KO / OUKI / 菜々音 は個人的に引き込まれました。

 

 

– 出場ダンサー等へメッセージ

優勝された方々は、本当におめでとうございます。惜しくも負けてしまった方も、その日はその日の結果でしかないので、あまり深く考えなくても良いと思います。考えて欲しいのは『自分の踊りを出来たかどうか?』です。追求していけば、どれだけでも上に行けると思います。沢山の踊りを見て、音楽を聴いて、身体で体感して成長していって欲しいです。ありがとうございました。

 

Text Edit : SOUL CITY NAGOYA
Photo : HRK


 

■ 6月9日(日)『MAST☆R’Z 2019-20 vol.1』開催!

中部地区で活動する高校生以下 /  U-18ダンサーを対象にした年間ポイントランキング制ダンスバトル・イベント『MAST☆R’Z』新シーズン開幕戦が、6月9日(日) 名古屋市中区にある CLUB LOVER:Z  にて開催!

 

 


Recomend topics
  • T.A.C.D BATTLE 2019-20 vol.4T.A.C.D BATTLE 2019-20 vol.4

    昨シーズンも最高潮の盛り上がりを見せた、東海地区で活動する大学生ダンサーの鉄板バトル!通称...

  • NATURAL FLOW vol.19NATURAL FLOW vol.19

    東海地区のオールドスクール・シーンを盛り上げているバトルイベント『NATURAL FLOW...

  • WHO GOT THE PROPS vol.8 ft. FANCY FREE AICHIWHO GOT THE PROPS vol.8 ft. FANCY FREE AICHI

    毎回キャンセル待ちが発生するほどの熱い盛り上がりを見せている、東海エリアを代表する 1on...

  • NIGHT CRUISINGNIGHT CRUISING

    毎月多くのダンサーが集まり盛り上がりを見せる、週末深夜帯の人気ダンサーズ・パーティー『NI...