MAST☆R’Z 2018-19 vol.5 : JUDGE’S COMMENTS

11月18日(日) 名古屋市天白区にある STUDIO FORCE にて開催された、中部地区で活動するU-18ダンサーを対象にした年間ポイントランキング制ダンスバトル・イベント『MAST☆R’Z』シーズン第五戦で審査員を務めた4名の総評を掲載!

 

LtoR…Youkey / 佳代子 / CHABO / Susumu Spaniel


 

 

– 全体の感想

全体的にとてもレベルが高く、以前に審査員で参加させて頂いた時よりも皆んな成長していましたし、どのバトルにもドラマがあって全バトル感動しました。

 

– 印象に残ったダンサー, バトルなど (敬称略)

本当に沢山素晴らしいダンサーがいましたが、その中でも OVER クラスに出場していた 菜々音 (WAACK) の予選から準決勝まで、音楽への集中力はすごいと思いました。表現力もスキルも併せ持っていて、ムーブ中ずっと感動しました。UNDER クラスの Riku (BREAK)も自分のキャラクターと音楽の使い方がマッチしていたので強く印象に残っています。スキルで見せる部分が更に増えると、格段良くなりそうですね。逆にポッパーで出場してくれていた皆んなは技だけでなく、もっと音楽優先でダンスが出来るようになると更に良くなるかと思います

 

– 出場ダンサー等へメッセージ

音ではなく「音楽」を好きになることがとても大切だと思います。音楽そのものを勉強してみても面白くなるのではないでしょうか。あとはダンスの技術だけでなく『自分で考える能力』も磨いていくと更に良くなるのかと思います。先生や審査員の人に言われるまで気づかない、ではなく「もっと格好良く見せる為にはどうしたら良いだろう?」と自問自答を繰り返し実践していけると、オンリーワンの個性が輝くダンサーになるかと思います。出場していた皆さん全員が才能と可能性に満ち溢れていますので、今後も頑張ってください。

 

 

 

– 全体の感想

伸び伸び踊れているダンサーが多く、見ていて気持ち良かったです。踊り自体のスキルの差はそこまで感じなかったのですが、同じように上手でも『伝わってくるダンス』と『伝わってこないダンス』があり、アピール力やキャラクター、仕草、表情、気持ちの込めかた等がとても大切なんだなと改めて思いました。B-BOY、WAACKER はそういった部分において秀でているダンサーが多かったと思います。自分のことをよく理解できている人、拘りのある人、ダンスや音楽に対して真っ直ぐで心から踊っている人に、個人的にひかれました。

 

– 印象に残ったダンサー, バトルなど (敬称略)

ダンサーで印象に残っているのは、みー (HIPHOP)MOTOKI (BREAK) UTENA (SOUL) / 菜々音 (WAACK) ですね。 あと名前がわからないのですが、全身黒にオレンジっぽいスニーカーのブレイクの男の子も良かったです。

バトルでは、UNDER クラス準決勝 Riku vs KOTETSU。OVER クラス準決勝 菜々音 vs MOTOKI。そして SUPREMACY クラス準決勝 KOU vs SHO→EI が強く印象に残っています。

2on2 部門では ヒップホップカルチャー が終始良かったです。見ていてわくわくしました。

 

– 出場ダンサー等へメッセージ

バトルなどで勝てるダンスと、魅力的なダンスは必ずしもイコールではないですし、フリースタイルバトルとジャンル別のバトルでも評価のポイントは変わります。目の前の勝敗だけに惑わされず『自分がどうありたいか?』自分が良いと思っているものや、自分の好きなものを信じて追及して欲しいです。好きな音楽を沢山見つけて、大切な仲間を沢山作って、これからもダンスを楽しんでいって下さい。ありがとうございました。

 

 

 

– 全体の感想

出場していた皆んなが、純粋にバトルを楽しんでいる姿が見れて良かったです。また、中学生の部がとてもレベルが高く、格好良いダンサーが多くて驚きました。

 

– 印象に残ったダンサー, バトルなど (敬称略)

KAREN (HIPHOP)菜々音 (WAACK) は一年前に見た時からの成長が凄くて本当に驚きました。みー はシンプルに格好良い踊りで好きでした。あと、ライト (HIPHOP) / mitsuki (HIPHOP) もすごく良かったです。全体を通してヒップホップ勢が目立っていた印象ですね。BBOY, BGIRL も今後、急成長しそうな子が多くて楽しみですね。惜しくも予選を上がれなかったダンサーでも、良い人は本当に沢山いたので「もっと上げてあげたかったな」というのが本音です。

 

– 出場ダンサー等へメッセージ

今持っているダンスに対するピュアさを忘れないまま成長できれば、将来凄い事になると思います。今回のバトルで審査員をさせて頂いたことは、僕にとっても良い刺激になりましたので、僕も更に頑張ります。今後も自分を信じて楽しく踊っていきましょう。ありがとうございました。

 

 

 

– 全体の感想

オリジナリティを高める事と、ショーケースではなくバトルだという事を意識できると、観ている人をもっと盛り上げれると思います。

 

– 印象に残ったダンサー, バトルなど (敬称略)

SUPREMACY クラスでは、KOU (HIPHOP) / RIKUTO (HIPHOP) / SHO→EI (HIPHOP) / TAIYO (HIPHOP) が特に良かったですね。TOP クラスでは、優勝した mitsuki (HIPHOP) / UTENA (SOUL) のダンスが強く印象に残っています。OVERクラスでは、トライ (HIPHOP) / みー (HIPHOP) / ライト (HIPHOP) ですね。UNDER クラスでは、Riku (BREAK) / KOTETSU (KRUMP) が特に良かったです。2on2 部門では、FACULTY / saga / ヒップホップカルチャーですね。

 

– 出場ダンサー等へメッセージ

視野を広げて、周りに流されず、自分の感性を信じて、自分が良いと思うものを追求し続けて下さい。今日はありがとうございました。

 


 

■ 12月29日(土)『MAST☆R’Z 2018-19 vol.6』開催!

中部地区で活動するU-18ダンサーを対象にした年間ポイントランキング制ダンスバトル・イベント『MAST☆R’Z』シーズン第六戦が、名古屋市中区にある CLUB LOVER;Z  にて開催!

 

 


Recomend topics