MAST☆R’Z 2017-18 vol.6 : JUDGE’S COMMENTS

12月29日(金) 名古屋市中区にある CLUB LOVER:Z にて開催された、中部地区で活動するU-15ダンサーを対象にした年間ポイントランキング制ダンスバトル・イベント『MAST☆R’Z』シーズン第6戦で審査員を務めた4名の総評を掲載!

 


 

 

– 全体の感想

予選のピックアップから、相当悩む事が多く、とてもレベルの高いバトルでした。

最年少の UNDERクラス は「この歳でこんなに踊れるとか!」と驚愕しましたし、全てのクラスにおいて、みんなが踊っている姿に「すげぇ!!」と笑みがこぼれるほど、とても素晴らしいダンサーばかりでした。

 

– 印象に残ったダンサー, バトル等

まず、ジャンルで感動したのは KRUMP BREAKIN’ です。まずクランパーに関しては、動きのシルエットがしっかりしていたし、音取りもちゃんと見ていてわかりました。文字で表せば『暴れる』んではなく『踊っている』これがダンスとしての KRUMP なんだと感じました。

BBOY, BGIRL に関しては石川県からエントリーしてきてくれていた子達のパワームーブのスキルの高さに衝撃を受けました。他にも、エントリー、フットワークが上手い、シルエットが格好良いなどパワームーブとスタイル・ブレイキンにハッキリ分かれた中で、どちらもハイレベルな子供達が多かったです。この2ジャンルの皆はどのバトルに関しても『勝ちたい』という気持ち、エナジーがひしひしと伝わってきて、とても格好良かったです。

個人単位で印象に残ったのは、各クラスのチャンピオン3名は勿論ですが、UNDER クラスからは『SEITARO』『Ko_ren (KING JACK)』『syo_ryu (KING JACK)』ですね。OVER クラスからは『OUKI (super flow)』『MOENA』の2名。TOP クラス では『Rioka (BlowR.S)』でした。

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

総評でも言いましたが、色々な音楽を聴いて、どのジャンルでも踊れるようになってほしいと思います。

バトルではどんな音がかかるかはわかりません。曲を知る事は大きな武器になると思います。そして、沢山踊って、沢山の経験値を積めば、自ずと勝ち進めるようになるはずです。

ジャッジが変われば結果も変わります。今回の結果が良くても悪くても、自分を信じて突き進んで、素晴らしいダンサーになっていって欲しいです。みなさん一日ありがとうございました。

 

 

 

– 全体の感想

ここ最近のキッズ世代のBATTLEの中でも、かなりハイレベルな戦いだったと思います。オリジナリティー溢れるダンスを踊れている子が多く、将来が楽しみになりました。出場者みんなが、それぞれに格好良かったです。

 

– 印象に残ったダンサー, バトル等

SHO→EI』『トライ』は、余裕のある遊び方が良かったです。『NANAKA』『MITSUKI』『GENTO 』『IBUKI』は、ダンスの中で良い部分をたくさん感じられました。

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

バトルは一つのゲームみたいなものなので、勝ちたいなら練習して努力するしかないと思います。一緒に続けて頑張りましょう!

 

 

 

– 全体の感想

全体的に予選のサークルからとてもレベルが高く、正直とても悩みました。45秒で自分を表現する事はとても難しいですが、その中で自分のカラーが出ていた子が上がっていたのではないかなと思います。プラスでグルーヴ感や、曲に対する表現力が更に上がると良いかなと感じました。DJタイムも皆で踊りあったり共有しあったりしていて、そんな空間がとても素敵だなと思いました。最初から最後までとても楽しかったです。

 

– 印象に残ったダンサー, バトル等

UNDERクラスは『Maa』『ゆずきんぐ』はとても良かったですね。OVERクラスでは『OUKI』『@ko』が、自分のスタイルや雰囲気を持っていて良かったです。TOP クラスは『COCO丸』『SHO→EI』『GirlLoopz』『Rioka』『愛采』はとても印象に残っています。

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

これからも挑戦を続けてほしいと思います。出ることで感じたり得られる事が沢山あります。今回私も本当に沢山の刺激を頂きました。ありがとうございました。これからも感謝の気持ちを忘れずに、みんなでダンスを楽しんでいきましょう。

 

 

 

– 全体の感想

お疲れ様でした。全体的にレベルが高く、各クラス内での実力差は本当に僅差であるなという印象を受けました。その差を分けたのは「自分のダンスをどこまで追求しているか?」ということだと思います。本戦に入ると出場者の後ろにバックフォローとしてついたり、声で応援したりと、ダンサーがより良いものを引き出せる雰囲気だったように感じました。

 

– 印象に残ったダンサー, バトル等

個人的に印象に残ったのが、UNDERクラスでは「SEITARO」「ko_ren」「Nonoka」でした。OVERクラスでは「@ko」「NANAKA」「OUKI」「TAIGA」「MOENA」です。TOPクラスでは「COCO丸」「GirL Loopz」「愛菜」「MITSUKI」「Rioka」でした。基礎力がずば抜けているか、自分のダンス, 自分の音感を持っている人が特に印象に残っています。

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

今後こういったバトルやコンテストに出場することがあると思いますが、周りから何を言われても『自分自身のダンス』を探求していってほしいです。キッズダンサーは上手い人は多いのですが、”上手い+α” というダンサーはやはり大人の方が多い気がします。先生の言った通りに練習をしても良いですが、バトルやコンテストは自分自身を表現する場所です。自分はそう認識しています。なので自分にしか出来ない表現の仕方で音に乗っていってほしいです。結果を気にするのはその後にしてください。

 


 

■ 1月28日(日)『MAST☆R’Z 2017-18 season vol.6』開催!

中部地区で活動するU-15ダンサーを対象にした年間ポイントランキング制のダンスバトル・イベント『MAST☆R’Z』のシーズン最終予選が、1月28日(日) STUDIO ONEWAY にて開催!

 


 

■ 2月4日(日)『 WHO GOT THE PROPS vol.4』開催!

初回から驚異的な盛り上がりを見せ、各方面から注目が集まるジャンル別 1on1バトルイベントの第4弾が、2018年2月4日(日) 名古屋市中区 CLUB MAGO にて開催!各ジャンル先着35名限定!

 

 


Recomend topics
  • FANCY FREE GIFU

    中部北信越地区の様々な都市で予選が開催されている、ソロバトル・イベントの岐阜大会『FANC...

  • daft 15th anniversary FREESTYLE CREW BATTLE

    東海地区を拠点に全国規模で活躍するHIP HOPダンスチーム『daft』の15周年アニバー...

  • MAST☆R’Z 2018-19 vol.1

    中部地区で活動するU-18ダンサーを対象にした年間ポイントランキング制ダンスバトル・イベン...

  • T.A.C.D BATTLE 2018-19 vol.1

    昨シーズンも最高潮の盛り上がりを見せた東海地区で活動する大学生ダンサーの鉄板バトルのシーズ...