DANCE@LIVE 2016 KIDS CHUBU vol.1 : JUDGE’S COMMENTS

7月12日(日)に開催された「DANCE@LIVE 2016 KIDS CHUBU vol.1」でジャッジを務めた4名の総評を掲載。

総勢116名がエントリーした、ハイレベルなバトルを審査員の方々に振り返って頂きました。

 

KIDS JUDGE

※写真左より… Jun1, Rena, UC, Wild Twiggz a.k.a Loopz


 

UC

 

– バトル全体の感想

全体的にレベルも高く、非常に面白いバトルが多かったように思います。予選ラウンドは「出場していた世代のみんなが踊りやすい曲」を中心に、DJが選曲してくれたこともあって、”のびのびと踊っている” 人が多かったと思います。皆とても良くて悩むことが多かったし、次も観たいと思えるダンサーも多かったです。

 

トーナメントに入ってからは、個人的にカッコいいなと思う曲でも、リミックス版で少し聴き慣れなかったり、いわゆる“ハメ音”がなかったりする曲に対してアプローチしきれてない場面があったかなと感じました。

 

勝ち上がっていったダンサーはみんな動きや表現の質が高く、音もよく知っていて、僕から改めて言うことはないのですが…『音をとる』だけじゃなくて、感じるというか…一体となったり、ワザと外れたり『自分からもリズムを発せられるような』そういう部分もあると、どんな曲でも対応できるんじゃないかなと思いました。とにかく、集中して見ていて、ほんとぐったりするほど楽しかったです (笑)

 

 

– 印象に残ったダンサー, バトル

バトルで1番強く印象に残ってるのは、2回戦の2試合目のEXTRA ROUNDですね!『優弥』『O-SUKE』『RINKA』『MOMOC@』『SORA』『アイリ』の6人のバトル。6人とも本当に良かったし、お互いが高め合っていてステキでした。あれだけのメンツだったからこそ、僕はあの瞬間の踊りだけで決めました。『O-SUKE』の一発逆転ムーブは、カッコ良かったです。『RINKA』も相当よくて、通過していてもおかしくなかったと思います。

 

テクニックの面で言えば…『ルイス』『TAKUMI』は、ひとつ上をいっていたと思います。その他、輝いていて記憶に残っているのは、『ソラキ』『KOHANA』『kotori』『AMI』?と思われる青パンツのLOCKERは、音楽の捉え方がナチュラルで好印象でした。縦ストライプのベースボールシャツ着た編み込みの子、POLOキャップにオレンジのTシャツ着た女の子、一回戦の『kota』なんかも印象に残ってます。皆カッコ良かったです。アフロの子や『カレン』もグルービーで良かったです。あとは、初めて観る面白いHIPHOPの男の子が何人かいて、それが嬉しかったですね。

 

個性が光っていたのは、スキニーにニューエラ被ったクセ毛のstudio Uの子もですし、その前に踊った少しふくよかな男の子も良かったです!すごく背の低い子が、ずっと身体を左右に振りながらリズムキープしてたのも最高でした。

 

KIDS JUDGE2

 

– 出場したダンサー等にメッセージ

どんどん全体のレベルが上がっていると思うし、一回戦や二回戦でも、ただ「良い!」「うまい!」だけじゃ通過できないくらい熾烈になって来ていると思うので、そこで勝ち抜くためにも『自分だけのプラスアルファ』を目指して今後も積み重ねていってください。ただし『個性』とは “作ろうとして作るものじゃない” ので難しいところですが。とはいえ、みんなが普段からとても練習していることも分かるし、頑張った分はしっかりと踊りに出ていると思います。本番で出せるまでには、その何倍も練習しないといけないことは知っているので。

 

更に最近では、色々なイベント等に足を運んで経験を積んでいる人も多いし、良くなっている人が大半なので、このまま突っ走っていってもらいたいなと思います。自分が「楽しい!」と思えるようにイメージ豊かに沢山練習してください。
あとは、バトルやコンテストにとらわれすぎず、そういったモノを関係なしに好きな曲やアーティストを探したり…ジャンルにとらわれず様々な人のダンスや、ダンス以外の表現を観る機会を増やすと、もっともっと踊りや日常が楽しくなると思います。そうして色々な所で受けた刺激をまた皆で持ち寄って、シェアして遊びましょう。その時は僕も混ぜてください (笑) お疲れ様でした。

 

 

Rena

 

– バトル全体の感想

ピリピリとした空気感が漂っていたせいもあると思いますが、ボトルが回るまで中々出ない子が多すぎた印象ですね。予選サークルでは、ダンススキル的にとてもレベルが高かったのですが、”器用に踊りすぎて” 単なる動きになっていたのが気になりました。ただ、その中でも『キッズとは思えないグルーブ溢れる踊り』をしている子がいたので、その感覚は今後も大切にしていって欲しいなと思います。

 

– 印象に残ったダンサー, バトル

『ソラキ』が自由に舞っていて、見ていてワクワクする反面「末恐ろしい」と思いました。バトルは、2回戦の2試合目の EXTRA ROUND がヤバかったです。『優弥』『O-SUKE』『RINKA』『MOMOC@』『SORA』『アイリ』から2名を選ぶのは、本当に苦しかったです。

 

KIDS JUDGE 5

 

– 出場したダンサー等にメッセージ

自分の中だけで踊りがちな人は、もっと外に出して…逆に外に出し過ぎてしまう人は、自分の中で踊る事が出来るようになると音の感じ方や伝わり方が変わってくると思うので、色々なアプローチをしてみて下さい。あとは、このままダンスを…そして音楽を好きでいて下さい。ありがとうございました。

 

 

wildTwiggz

 

– バトル全体の感想

全体的にレベルが高く、審査に悩んだバトルも多かったですね。改めて振り返ると “自分を持っているダンサー” は、予選を上がっていたように感じます。予選からハイレベルなバトルが多く見れて「もっと見たい!」と感じさせてくれるダンサーも沢山いました。自分も結果が出なかった時に考えるようにしてますが…「今回負けただけ」なので、次を見て頑張っていって欲しいです。

 

– 印象に残ったダンサー, バトル

印象に残っているのは『ソラキ』ですね。あの年齢で、あれだけの土臭いダンスを出来るんだから、スゴいなと思いました。個人的に一番くらいましたね。

 

KIDS JUDGE 4

 

– 出場したダンサー等にメッセージ

スキルを上げる練習は当たり前に大切ですが、『自分の好きな事をもっと貫く』ことにも意識を向けて欲しいと思います。今日は素晴らしいダンスを沢山見れて、個人的にも刺激になりました。ありがとうございました。

 

 

Jun1

 

– バトル全体の感想

1回戦からレベルの高いサークルがほとんどで、見ていてとても楽しく、且つ審査が難しいバトルが多かったと思います。今回、予選時の僕の審査は『印象に残った人順』で決めさせてもらいました。だからと言って、最後らへんに踊った人が上がりやすいとかではありません。むしろ今回僕がピックアップで選んだ人達は、1番始めに踊った人が多かった気がします。実力の高さはもちろんですが、それよりも『自信に満ち溢れた踊り』と『気持ち』が伝わり、印象に残ったからだと思います。

 

– 印象に残ったダンサー, バトル

印象に残ったダンサーは『RINKA』『MITSUKI』『KOHANA』『ソラキ』ですね。特にRINKAがいた2回戦の2試合目のサークルは激戦でしたね。誰がベスト8に上がってもおかしくない程の接戦でした。

バトルで印象に残っているのは、準決勝の『優弥 vs TAKUMI』ですね。決勝も勿論やばかったんですが、このバトルは本当に最高でした。TAKUMI君は、スゲーやばかったから個人的にも喋りたかったけど…声かけてくれた時は、ニット帽を被ってなかったから誰か分からなかったよ。ごめんね…(笑)

 

KIDS JUDGE3

 

– 出場したダンサー等にメッセージ

皆さん本当におつかれさまでした!今回の審査は、最初から最後まで本当に悩みに悩みました。マジで出場した皆のレベルの高さに驚きの連続でした。今後もまた熱いバトルを見せてくれる事を期待してます。今回はありがとうございました。

photo by HRK


 

■ DANCE@LIVE 2016 KIDS CHUBU vol.1 REPORT

国内最大級のダンスバトルイベント『DANCE@LIVE』キッズソロバトル部門の中部予選、2015-16シーズン開幕戦が 7月12日(日) Pineapple Studio Scream にて開催された!

KIDS_REPORT

レポートページへは画像をクリック!

 


Recomend topics
  • CHALLENGER vol.3

    2017年度の JUSTE DEBOUT JAPAN・LOCKIN’ サイドのチャンピオン...

  • MAST☆R’Z 2017 vol.5

    中部地区で活動するU-15ダンサーを対象にした年間ポイントランキング制のダンスバトル・イベ...

  • 裏 BUZZ 名古屋 2017

    大学生ダンサーの甲子園!関西を拠点に全国的な展開を広げる学生団体 BUZZ STYLE が...

  • SHOW & PROVE

    東海地区の大学生ダンサーなどを中心に毎回盛り上がりを見せる、OBも参加可能な大学サークル対...