BUZZ STYLE vol.10 : TEAM CONTEST : JUDGE’S COMMENTS

11月29日(日)に岐阜県のclub-Gにて開催された「BUZZ STYLE vol.10 TEAM DANCE CONTEST 名古屋予選」でジャッジを務めた3名の総評を掲載。

名古屋予選史上最大の56組がエントリーし繰り広げられた、若きダンサー達の競演を振り返って頂きました。

 

0001

※写真左より…たかゆ〜, usako, UC


0002

– 全体の感想

若さゆえの「エネルギッシュ感」が出演者にも、観客の応援にも溢れていて、こちらもパワーもらえました。『大学生限定』という同世代の戦いだけに…良くも悪くも、そこに込められたプライド的なものや、”狭い世界での身内感” も感じられたりしました。その中で、ダンスが上手い人も多かったし、色んな意味でまとまってるチームが多かったと思います。

だけど、コンテストの為だけに急遽頑張ったチームと、コンテストがなくても日常から音楽やダンスに接していて、自分の身体をきちんと理解して、向上させようと積み重ねが出来ているチームでは、個人としても、チームとしても、説得力の差が出ていたかなと思います。

 – 印象に残っているチーム

・sycy
・Johnson&Johnson
・♪(≧∇≦)♪優勝♪(≧∇≦)♪
・piggy
・L=O=S
・AN steppers
・Lokapala
・大阪エレファント
・KICKS SENSE
・UST
・MADEINPOPEYE
・smooth operator
・KA2AMI
・POPAI

 

それぞれ印象に残った理由についてはブログに書いてあるんでそれ見てください。あと【DFCのBBOY】がニット帽を3枚被ってたこと、更にはソロ終わりですぐに New Era のキャップに被り直したのが可愛くて面白かったですw あと【いんぐれす】の2人や【one-seventh】の男の子にも、なにか原石のキラメキを感じました。このまま突っ走ってもらいたいです。

 

0035

– 出場者などにメッセージ

大学時代は今しかないし、めちゃくちゃ面白い時期なので、思いきりダンスや大学生活を楽しんでください。そして世界は広いので、出来るだけどんどん外に出て世界を拡げていってもらいたいし…世代や地域、ジャンルを超えた人々と交流していってもらいたいと思います。実際、大学卒業してからの方がダンスも音楽も人生もさらに面白くなる一方です。求め続け、動き続けていきましょう!

 

僕はいつでも “今” が一番面白い時期だと思って生きてこれているので、時代や環境や、他のせいにしてるヒマがあったら、少しでも自分で動いて、面白さを見つけていきましょう。また皆さんとどこかの現場で会えることを楽しみにしています。今日はありがとうございました。

 

あと、より詳しい総評をブログに載せておいたので、さらに気になる人は見てみてください!

http://uc.bdance.jp/article/430520321.html

 

 

 

0003

 

– 全体の感想

レベルが高く、出場チーム数も多くて、とても見応えがありました。飛び抜けたチームは無かったけれど、良い踊りをする人は沢山いました。学生という枠の外にもどんどん飛び出していってほしいです。

 

審査していて個人的に思う事があったのは『質感』『空気感』『構成 (人の動き、起承転結の流れも含めて)』『情熱』の部分です。『構成』がないと流れが弱くダレて見えるし、チームの中で『空気感』が違うと、見ていて落ち着かない、集中して見れない印象でした。”ベーシックや基礎といった土台となる部分無くして”『質感』は絶対生まれないので、そこは一生大事にしてほしいところだなと思います。あとは、ショーが完成してから本番までの間にどれくらい踊り込みや『質感』にこだわりを持って詰めることができたか?だと思います。表現の仕方に特に言うことはないです。自分達がやりたいことは貫いて、あとはそれが人に伝わるまで質を高めていってほしいです。

 

そして、これは私がこの日一番感じた事なんですが…「絶対に自分達が優勝する」「自分達以上にかっこいいチームは無い!」って言えるぐらいの自信をつけて挑みに来たチームが、どれくらいいたのかな?…と。そういうチームは、始まって数秒で見る側に伝わります。かっこよく踊るチームは沢山いたけど、尖った、強い気持ちがビシバシ伝わってくる(伝えようとしてくる)パワーを持ったチームはなんだか少なかったように感じました。ダンスが上手な子は特に、積み重ねてきた質感に自分達の気持ちを纏って踊ることができたらもっと伝わるだろうなと思います。

 

賞には入らなかったけど、LOCKのチームのエントリーが多かったのが同じLOCKERとして嬉しかったです!そしてロッカーズパンツ履いて踊る人減ったなーって時代の流れを感じました (笑)

 – 印象に残っているチーム

好きなチーム沢山ありました。特に良かったチーム、好きだったチームは…【sycy】リズム、ノリ、ソウル感があって好きでした。キレが増せばもっと良くなるだろうなと思います。【VIOLA】パワーがあって魅せ方も上手でした。二曲目で少しパワーダウンしたように見えました。【piggy】スキルフルなダンスでした、個々のソロや個性がもっと見たくなりました。【L=O=S】構成、スキル、三人の色がとてもよかったですが音が小さかったのが残念でした。【LOTUS】巧みな身体の使い方で深みのあるダンスをしていて本当に華やかで素敵でした。ゆったりとした曲なのに動きがあってずっと見ていたい気持ちでした。

 

0013

 

2人組のフリースタイルのチームで、靴脱げちゃった女の子が最後まで焦りも見せずに堂々と踊りきっていたのがとても素晴らしかったです。【Johnson&Johnson】は、抜群のエンターテイナーですね!クオリアをもっと高めていってほしいです。【Auld Lang Syne】は一曲目がとても好きでした。【AN steppers】二人ともダンスがかっこいいです。コンテスト慣れしているのか肩の力が抜けていてとてもナチュラルでした。【POP EYE】説得力のある厚みのあるダンスと気合がビシビシ伝わってきて一番華がありました。衣装も曲もこだわりぬいててかっこよかったです。

 

【大阪エレファント】2人のやりたいこと、纏った空気感が個人的にすごく好きです。【KICKS SENCE】渋くてかっこよかったです。もっとソロも見たかったです。【UST】衣装も可愛くて、キャラもたっててかっこいいしファンキーでした。ソロで魅せる力と、ロック、ワックの質感がもっとあがればいいなと思います。【KA2AM1】は曲のつなぎ方、作品の構成がすごく上手でした。それを上回るかっつんの面白さも本当にすごかったです。【POPAI】個人的にかなり高得点でした。かっこよかったです。

 

0006

 

– 出場者などにメッセージ

私もOUT LEAPで5年前にBUZZに出た時に、優勝どころか入賞すらできなくて…バーカウンターの横で悔し涙いっぱい流して色んな人に励ましてもらったのを思い出しました。今振り返れば、周りや相方の支えがあって翌年優勝することが出来たんだと感謝しています。嫌なことや、辛いこともあれば、良いこともあります。続けていれば何かが起こり続けます。大変なことや、疲れることもありますが、めげずに変化 & 進化し続けましょ。お疲れ様でした。

 

 

 

0004

– 全体の感想

出演された大学生の皆さん、本当にお疲れ様でした。かなり良いもの見させて頂きました。東海圏のチームはもちろんのこと、関西圏や東京、福岡、高知など遠方からのエントリーもあって、レベルは高い大会だったと思います。地元勢が結構かましてたのは個人的に嬉しかったです。濁りのない空気感と、それを貫き通してるチームは見ていて気持ち良かったです。

 

僕的に良かったチームは普段から単にダンスだけじゃなくて、日常の色んな所からインスピレーションを受けて、それが今回のショーに活きてる感じがしました。ただ内側から踊って、本当に音楽を大切にしているチームは少なかったのかなと思います。テンポは合ってて、技術があっても、「音」に浸かってるチームは少なかったです。あと音源が小さいチームとか、音の繋ぎが粗いチームは気になりました。ジャッジコメントの時にスパゲッティの話しを軽くしましたが、あれは僕的には深い意味があるので、また気になる人は直接聞きに来て下さい。

 

– 印象に残っているチーム

【ローラメット】は僕の中ではダントツでかっこよかったです。憧れました。【Johnson&Johnson】はアートでした。あそこまで自分達の事を理解して、身体の細部にまでこだわって作ったショーは凄かったです。この2チームは僕が感動したチームです。

 

0005

 

【POP EYE】は優勝おめでとうございます。ヒットがもっとガツンと来たら満点でした。【LOTUS】もあの世界に入り込んでて良かったです。【VIOLA】も気迫が伝わって、自然と見ててリズム感が伝わってきました。【大阪エレファント】もクセのある二人で、音の感性も好きでした。メガネの子は特に良かったです。【KA2AM1】も盛り上げましたね。POPとHIP HOPをかなりいい具合にmixしててフレッシュでした。かっこよさがあったら、もっと高得点でした

 

【POPAI】もオシャレでかっこいいHouseでした。ただもっと踏み込めたんじゃないかと思いました。【sycy】の間の取り方は好きでした。【MADEINPOPEYE】はHip Hopのショーで一番良かったです。【KICKS SENCE】は僕的には惜しかったです。最後のルーティーンは上がりました。【BULL BABE】の1曲目と2曲目は個人的に好きな曲だったから、もっと表現して欲しかったです。

 

【FUNKROWD】の赤いジャケットの子と、【Chase da Move】のレザーキャップの子と、【lil groove generation】のメガネの子と、【Beat Slash///】の白いキャップを後ろ被りにしてた子はいい意味で気になりました。あと、【AN steppers】は普段からダンスで遊んでるなって感じが滲み出ていてかっこよかったです。

 

00011

 

– 出場者などにメッセージ

ダンスを生活の一部にしてもっと遊んでいきましょう。いろいろ偉そうな事言いましたが、自分のジャッジムーブが一番微妙だったので、もっと頑張ります。そして、岐阜にもまた遊びに来て下さい。大阪予選でリベンジする方は応援してます!

 


 

■ BUZZ STYLE vol.10 : TEAM CONTEST NAGOYA REPORT

関西を拠点に全国的に活動する大学ダンス連盟「BUZZ STYLE」が主催する、大学生, 専門学生を対象にしたチームダンス・コンテストの名古屋予選が、11月29日 (日) 岐阜県にある club-G にて開催された。

 

0020

 ※レポートページへは画像をクリック!

 


Recomend topics
  • N.S.Y vol.17N.S.Y vol.17

    幅広い地域・年齢・キャリアのダンサーが集結し盛り上がりを見せる、東海エリアを代表するHIP...

  • WHO GOT THE PROPS vol.3WHO GOT THE PROPS vol.3

    初回から驚異的な盛り上がりを見せ、各方面から注目が集まるジャンル別 1on1バトルイベント...

  • SHOW & PROVESHOW & PROVE

    東海地区の大学生ダンサーなどを中心に毎回最高潮の盛り上がりを見せる、OBも参加可能な大学サ...

  • Funky J SPECIAL WORKSHOPFunky J SPECIAL WORKSHOP

    Juste Debout, UK BBOY CHAMPIONSHIPS など数々の世界大会...