DANCE@LIVE 2017 KIDS CHUBU vol.1 : JUDGE’S COMMENTS

7月10日(日)に開催された世界最大規模のダンスバトル・イベントKIDS 1on1部門の中部地区予選「DANCE@LIVE 2017 KIDS CHUBU vol.1」で審査員を務めた4名の総評を掲載!

総勢146名がエントリーし繰り広げられた、激戦のバトルを審査員の観点で振り返る!

 

012※左より…usako, TERA, WildTwiggz, KENT


 

J02

 

– 全体の感想

レベルも高く、エントリー数も史上最多ということですごい盛り上がっていましたね。私自身もジャッジをしながら非常に刺激を受けた一日でした。温かい声援が飛び交う活気ある空間の中にもピリッとした緊張感もあって、会場内の雰囲気はとても良かったと思います。時間が経っても人の数があまり減らずに最後まで沢山の人が会場に残ってくれていた事も嬉しかったです。『安定した高いスキルフルなダンサー』と『ぶれない個性を持ち合わせたダンサー』が沢山いたことが、特に印象に残りました。

 

– 個人的に良かったダンサー, バトル等

トーナメントは、全バトルレベルの高い熱い戦いでした。『ソラキ vs JJ』のバトルでは最高にあがりました。ちなみに、私の中のこの日のMVPは『ソラキ (G-FLOW)』でした。予選からずっと彼のダンスと存在感に引き込まれてました。とても魅力的でした。その彼を決勝で倒した『HINA (FAME)』のソウルフルなダンスにも本当に感動しました。彼女の爆発力はこの日の中で、群を抜いて1番良かったと思います。それから『大雅 (DRAMATICA)』『SORA (BEAT SOLDIER)』『JJ』もすごく良かったです。トーナメントには上がれなかったけど『Ami』『コウタロウ』『YU∀ (ARDOR, DOPE)』『MAYU (Timothy)』も印象に残っています。

 

j004

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

ダンスで出会った仲間を大切に、家族の人に感謝の気持ちを忘れずに、これからもダンスを楽しく続けていってください。

 

 

J04

 

– 全体の感想

会場の空気を盛り上げようとするダンサーがとても多く「すごく良い環境だなぁー」と思いました。今日出ていたバトラーのほとんどが負けても最後まで残って応援したりしていて、決勝まで最高潮に盛り上げてくれたことに感動しました。キッズを対象にしたバトルイベントで、こんな環境は始めて見た感じがします。ベスト16まで残ってる子達は、個々に大切にしてること、そして、その場の空気を大切にして互いにシェアしている感じがしましたね。全員ピックアップしたかったです。

 

– 個人的に良かったダンサー, バトル等

ベスト8に上がってないけど、個人的に印象に残っているダンサーは『YU∀ (ARDOR, DOPE)』『たくTO』『TENKA (LIL’K)』『Ami』『AIRI (Jammy brown)』『ASATO (AVID)『LUNA』ですね。その他にも名前が一致しませんが、良いと思うダンサーは沢山いました。

 

J-05

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

テクニックを持っている子達は『勝ち』を急ぎ過ぎていて、バトルをしてない感じがしましたね。様々な曲が流れる中で、敢えて「自分のジャンル以外の音楽でかますんだ」というくらいのスタンスで挑戦していけたら、もっと自分の中の世界が膨らむ気がします。逆にバトルに出慣れてない子達は、自分の自信あるジャンルの曲の時に自ら進んで出ていって欲しかったです。曲を待ちすぎて、自分の理想とする曲と全然違う曲で出ていって、後悔してる子も多かったのかなと感じました。たとえ、1番最初に自分の得意とするジャンルの曲が流れても、ドンドン出ていく気持ちを忘れずに、次回以降もチャレンジし続けて欲しいです

 

 

J01

 

– 全体の感想

東海エリアは勿論、全国各地のダンサーも多く参戦していてレベルがとても高いなと感じました。また負けた人も最後まで多く残って仲間を応援したりしていて、終始盛り上がっていましたね。良いダンスには良い反応を返していて、踊り手にも観客のエナジーが伝わり良い影響をお互いに与えていたと思います。バトラーは皆、踊りやすかったのではないでしょうか?その空気の中で、地元ダンサーが全国トップクラスのダンサーを倒す展開もあり、僕も名古屋のダンサーとして熱くなりました。

 

– 個人的に良かったダンサー, バトル等

studio HOUSE出身のハウスダンサーの皆さんのダンスが、強く印象に残っています。”ネタ” や “ムーブ” ではなく、ナチュラルな踊りと、即興性溢れるグルーブ感がとても良かったです。自分には無い部分でもあるので特に印象に残っています。また、沢山のクランパーが挑戦していたのも新しい風だなと思いました。今後も諦めずに挑戦し続けて欲しいです。

 

J06

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

目の前にある環境に感謝して、自分のダンス, ジャンルを信じてレペゼンして続けて欲しいです。いつでも『ハートで踊る』ということを忘れないで、今後も貫いていって下さい。今回はありがとうございました。

 

 

J03

 

– 全体の感想

すごく良かったです。皆さんのバトルや踊りも勿論良かったのですが…それよりも 150人近くの出場者、そしてその親御さんを含め大勢の方が来場されていたにも関わらず、気になる遅れもなくスムーズなイベント進行がされてた事が素晴らしいなと感じました。始めバラバラだった皆さんの靴も途中で綺麗に揃っていましたね。スタッフさんの協力、親御さんの協力があっての事だと思います。ただの靴の並び方でも、ダンサーじゃない人が見た時に整頓されているか?否か?という違いだけで、その印象は大きく変わると思います。長丁場の中、スタッフさんも親御さんも大変だったと思いますが、全員でイベントマナーを良くしていた事が、今回すごく良かったです。自分もそういったマナーに気をつけてダンスをしていきたいなと思いました。

 

– 個人的に良かったダンサー, バトル等

名前は分からないのですが、小さい青のバンダナをしてロック・ダンスを踊っていた女の子。彼女の表情にすごく引き込まれました。予選でバク転とバク宙をしていたBGIRLも良かったですね。最近あまり見る事がなくなったスタイルでとても新鮮でした。優勝した『HINA (FAME)』は、準決勝で “テクニック重視な踊り” から、音の流れでテクニックから “気持ちを前面に出したダンス” を踊っていて、彼女は音に素直になれているんだなと感じました。あと、MCの振りに対して元気に反応していた端の男子2名。彼らのような存在もイベントを明るくしてくれていて、本当に素晴らしいなと感じました。

 

J07

 

– 出場ダンサー等にメッセージ

全て『努力』と『縁』だと思います。努力をすると、その沢山の努力が、自分でも気付かないうちに『自分の興味の持つ方向性のスタイル、ファッションなど』に自分を変えています。そして、そこで共感しあえる仲間と良い縁を作って、自分達の良さを磨いていってください。

自分と違う興味関心を持っているダンサーさん、団体、チームに対してリスペクトの気持ちを持つ…逆に「それは違うんだ」と反骨精神を持つ…そんな自分達の意見をしっかり持てるダンサーになっていって欲しいです。皆まだ若くて将来もあるから、努力して…努力して…努力して…努力する。そこで出来上がった自分のダンスを通じて、沢山の人達と交流していって欲しいです。
生まれた時からみんな顔が違うように、体の作りや感性も全員異なると思います。それぞれ生まれもった顔に化粧をして顔を良く見せようとする様に、自分が与えてもらった体、感性に努力という化粧をして、より自分らしく踊れるようになっていって欲しいです。そして、今後はしっかりと自分の意見を持ってダンスを続けていく事も大切なのではないかと感じます。努力しないと出会えない仲間も必ずいるので、是非今後もダンスに興味を持ち続けてほしいです。別に努力しなくても良いけど、努力しないと分からない世界や出会えない縁が必ずあると思います。皆かっこよかったです。皆さん、ありがとうございました。

 


 

■ DANCE@LIVE 2017 KIDS CHUBU vol.1 : REPORT

7月10日(日) Pineapple Studio Scream にて開催された、世界最大規模のダンスバトルイベント『DANCE@LIVE』キッズソロバトル部門の中部予選 2016-17シーズン開幕戦!146名が参戦した激戦のバトルを振り返る!

 

001※レポートページへは画像をクリック!


 

■ DANCE@LIVE 2017 KIDS CHUBU vol.2

世界最大規模のストリートダンス・フェス『DANCE@LIVE』中学生以下のダンサーを対象にした 1on1バトル部門 KIDSサイド 中部地区大会シーズン第2戦が、10月30日(日) pineapple studio scream 名駅校にて開催!

 

kids
※イベントページへは画像をクリック!


Recomend topics
  • SHOW & PROVESHOW & PROVE

    東海地区の大学生ダンサーなどを中心に毎回最高潮の盛り上がりを見せる、OBも参加可能な大学サ...

  • SUMMER VIBESSUMMER VIBES

    東海地区を中心に最前線で活躍する各ジャンルのダンサ一と、東海地区にある各スタジオから選抜さ...

  • FULL THROTTLE NAGOYA 2017FULL THROTTLE NAGOYA 2017

    関西を代表する人気BBOYバトルイベントが、今年も名古屋に上陸!年齢制限なしの2on2 B...

  • MAST☆R’Z 2017-18 vol.4MAST☆R’Z 2017-18 vol.4

    中部地区で活動するU-15ダンサーを対象にした年間ポイントランキング制のダンスバトル・イベ...