MUSIC BLOG VOL.36

 

まず最初に、本日出演致しました DANCE ALIVE HERO’S では、使用機材のトラブルによりダンサーの皆様を始め多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。特にご出演中であったダンサー様には大変なご迷惑をおかけしたことと深く反省しております。まず直接お会いして謝罪の心をお伝えすることこそが、最優先にすべき行動であったのにも関わらず、機材の復旧に多くの時間を割いてしまったこと、自分の行動選択の過ちの結果としてお会いして謝罪できなかったこと、改めて心の底から悔いております。申し訳ございません。全て自分の不徳の致すところでございます。

お忙しい中、限られた時間を使いご迷惑をおかけしたダンサー様を一緒に探して頂いたイベント・スタッフ、並びに機材復旧に尽力して頂いたスタッフの皆様にも多大なるご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした。

今後は同様の機材トラブルの発生を防ぐため、原因究明と再発防止に最大限努めてまいります。なお当件に関しては、全て DJ機材の元で発生いたしましたトラブルですので、DANCE ALIVE HERO’S  運営各社 並びに 関係企業各社様には一切の非がないことを併せてお伝えさせて頂ければ幸いです。ブログを通じての謝罪となり大変恐縮ですが、当件に関するお詫びを申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。

2018.4.22 MATSU

 

以下は、4月16日(月) 作成の投稿となります。

7evenThirty – Where It’s At 

アングラシーンを中心に支持を集めている US・ミシシッピー出身のラッパー “7even Thirty” が、ダラス出身のプロデューサー “M. Slago” と手を組んだ 2012年リリースの当曲。Pete Rock, 9th Wonder, J Dilla, Jurrasic 5 辺りの雰囲気が上手く融合した感じの印象で、個人的に大好きなアーティスト。

 

 

Krazy Drayz feat. Smif n’ Wessun – Rude Boy 

HipHop 黄金期と言われる90年代から数々の名曲を世に放つラップグループ DAS EFX のメンバーである Krazy Drayz が、こちらも90年代のHipHopを語る上で外すことのできない、スミフンをフィーチャーした2012年リリースの楽曲。ストリート感溢れるシリアスなトラック。

 

 

Hyenas In The Desert – Concubinez

NY, ロングアイランド出身の MC Kendoを中心とするクルー “Hyenas In The Desert”。Chuck D (Public Enemy) のレーベル Slam Jamz から1996年にリリースされた所謂隠れた名盤的一曲。Bomb Squad “Gary G-Wiz” プロデュースのファットなドラムが印象的な 90’s クラシック。

 

 

Slum Village ft. Little Brother – Where Do We Go From Here

90年代後半に新風を巻き起こしたデトロイト出身のグループ “Slum Village” が Little Brother (Phonte / Big Pooh / 9th Wonder) をフィーチャーした、2010年リリース楽曲。J Dilla 逝去後の現在は、オリジナルメンバーである T3 / Young・RJ と、Illa J (J Dilla 実の弟)  の3人組として活動。Slum Village は格好良い曲が多い。

 

 

Futuristic x Devvon Terrell – UH

アリゾナ出身のラッパー Zachary “Futuristic” Beck と、ニューヨーク出身のラッパー兼シンガーの Devvon Terrell によるコラボで 2016年にリリースされた楽曲。軽いノリの曲も個人的に◎です。

 

 

J Blaze – Wait a Minute featuring J. Rabon

当アーティストの情報は一切把握出来ていませんが、この曲とMVの世界観で一気に好きになった2017年リリースの楽曲。最近のこういったテイストの曲も本当に (個人的に) 格好良いと感じる曲が多い。今後も柔軟にしっかりと自分自身の判断基準を持って新譜もチェックしていきたい。

 

・・・・・・・・・・

 

本日開催された DANCE ALIVE HERO’S での機材トラブルの件に関しまして、改めて深くお詫び申し上げます。以降の再発防止に最大限努めてまいりますので、今後も宜しくお願い致します。


Recomend topics