Back to the 90’s

ご無沙汰しております。ジンです。

タイちゃんに続いて90’sの話するぜ!ってな感じで、個人的にめっちゃ好きだったけど最近聴いてないなープレイしてないなーという曲達をつらつらと書いていこうかなと思います。

しばしお付き合いの程どうぞ。


5Cent – Get Your Groove On

97年リリース、西海岸のラッパー5CentによるG-Funk Classic。

スムースかつノリのいいトラックに女性VoがGet your groove on, get your party onと歌い上げるパーティーチューン。

ちなみに収録盤によって曲名の頭にGottaがついてたりなかったりします。

 

Mac Dre – California Livin

91年リリース、ベイエリアはヴァレホのラッパーMac DreによるBPM早めでノリノリな一曲。

プロデュースはKhayree。

 

Khayree – Thangs Do You

で、そのKhayreeの97年リリースソロ作の中の一曲。

One Way – Cutie Pieをネタにトークボックスも絡めてブリッブリに仕上げております。

 

Unity Klan – Who’s In The House

99年リリース、クリスチャンラップグループUnity Klanの一曲。

ど頭からトークボックスが絡むゴリゴリのトラックに野太い声。

音だけ聴けば間違いなくジャケにPARENTAL ADVISORYと書いてあるやつ。

にも関わらず’’Who’s in the house?’’ ‘’Jesus!’’というリリックのギャップが、クリスチャンラップと知らずに聴いた私には妙につぼったのを覚えております。

 

Kurupt – Represent Dat G.C.

99年リリース、Tha Dogg Poundの片割れKuruptソロ作’’Tha Streetz Iz A Mutha’’に収録。

同アルバムの中ではWho Ride Wit Usの方が有名というか定番感ありますが、私はこちらの方が好きです。

Fredwreck作の安定のトラックにDaz, Snoop, Soopafly, Tray Dee, Jayo Felony, Butch CassidyとDPG周りのメンツによるマイクリレーにサビでトークボックスと言う事なしです。

 

と、まあこんな感じ!

私の’’あーこれめっちゃ好きやったわ〜’’な90’sの曲達です。

もちろんもっと色々ありますけどね。

そんな色々を今度はかけようかなって。

そう、今度のナイクルで。

って訳でタイちゃんに引き続き告知で締めと恐縮ですが〜

今週22日の金曜!

詳細はこのSoulcity内のこちら

もしくはタイちゃんのブログ

でチェックおねしゃす!

では金曜に会いましょ〜!


Recomend topics
  • アングラHIPHOPアーティスト紹介アングラHIPHOPアーティスト紹介

    どうもです。 UCです。 気がつけば3月も終わりを迎えますね。 まさに三...

  • UCの勝手なHIPHOP論UCの勝手なHIPHOP論

    どうもです。 UCです。 いよいよ年の瀬ですね。 2014年もいろいろありま...

  • LEO & IKKI - WORKSHOPLEO & IKKI – WORKSHOP

    国内外の様々なバトルで目覚ましい活躍を見せ、日本のヒップホップダンス・シーンの次世代を牽引...

  • 最近聴いてるの最近聴いてるの

    みなさん年度末いかがお過ごしでしょうか? 生活、環境に変化が起こる時期かと思います。...