選択と決断

どうもです。

4月も終盤ですね。

新年度を迎え、新しい環境となった人も少しずつ慣れてきた頃かと思います。

 

僕も、
daftとして、UCとして、ダンス活動をしている一方で、
理学療法士として、名古屋のある病院で働いていまして、
この4月からついに社会人10年目を迎えました。

 

思えばあっという間でした。

 

ありがたいことにダンス活動も、理学療法の仕事も年々忙しくなっており、
大変ながらも、やりがいを感じる一方です。

 

そんな二足のわらじ的な生活をしていると、
時々、どちらが本職なの?とか、
どちらが本気なの?
という質問を、冗談含め受けたりしますが、
僕にとっては、
「どっちも。」
と言わざるを得ないなといつも思ってます。

別に本気がひとつじゃなきゃいけないと僕は思わないので。
むしろ、本気なものを持ってる人は、他のものにも本気になれるんじゃないかなと思います。

 

単純に、エナジー!大事ですね。

何にせよ、生き様は人それぞれ。
スタイルも、価値観も、熱量も。
それぞれが、それぞれの選択を重ねた結果が今の自分なわけで。
どんな道を行こうとも、
それが良いのか、悪いのかは自分自身が決めることだと思っています。

 

人に決めてもらうことでも、比べることでもないので。
だから、いつだって自分に正直でありたいですね。

 

そうは言っても、迷う瞬間、悩む瞬間、自分自身が分からない瞬間があると思います。
どうするのが一番いいのかわからないことなんて良くあります。

 

人生は選択と決断の連続で、
ヒトは日々大小様々な選択をしながら生きています。

 

小さな選択や決断(自販機でどのジュースにするかとか)はすぐに出来ても、
大きな選択や決断(進路や恋愛、結婚とか)はなかなか出来ないことは当然経験することだと思います。

 

その逆で、小さな選択にかなり時間をかけて悩むタイプなのに、
大きな選択を勢いのみでしてしまうこともあると思います。

 

人生は選択と決断の連続です。

 

ですが、
選択や決断をすること以上に、
どうしてその選択をしたのか、
何のためにその選択をしたのか、
その選択、決断をしたからにはどうするのか。
ということが大切だと僕は常々思っています。

 

例えば、
仕事をやめる。仕事を変える。恋人と別れる。告白をする。引っ越しをする。ダンススタイルを変える。服装を変える。
etc…

 

何かを選択したり決断すると、環境が変わったり、ひとまずの結果が出る場合がありますが、
実は環境が変わっただけでは本質は何も変わらないことがほとんどです。
もし、変わってくるとしたら、そのあとです。

 

だから、環境を変えたり、スタイルを変えたところで、
自分自身が変わっていなかったら結局一緒なんじゃないかなと思います。

 

何の為にその選択、決断をしたのかということを常に見つめてほしいし、
いつだって自分自身を変えられるのは自分自身だけだと思います。

 

自分自身の人生や自分のダンスについて悩む人はとても多いと思います。
なぜ悩むかといったら、向上心があるからと、未来が見えないからの2点かなと思います。
漠然と前に進みたく、でも、どっちが前かもわからなくてもがく。
なんて人も多いと思います。

 

だけど、どう頑張っても、どれだけ期待しても、未来は“神のみぞ知る”わけで、

ヒトは、結局道すじが見えない中で選択や決断をするしかないのですが、

 

選択し、決断をし、その場の結果を出したからといってすぐに未来が、ゴールまでの道が見えるわけでもありません。

 

どこに向かうか、どこに辿り着くかは完全にコントロールできることなんてあるわけないけれど、
少なくとも、自分自身の外に原因や言い訳を持っていっても、
何の解決にもならないし、何の成長も持たないので、
選択や決断は、常に自分自身を変えるために行いたいし、
その選択や決断をした上で、それを活かせる自分自身、その責任をとれる自分自身でいたいですね。

自由には常に責任がついて回るわけだし。

 

 

俺の場合、

ダンスも理学療法士も好きな自分がいて、

どちらもやめられないし、やめたくないという欲張りな自分自身のために、
どちらも本気でやるという選択と決断をしたので、
ダンスを理学療法士の言い訳にしたくないし、
理学療法士(仕事)をダンスの言い訳にしたくない。
また、プロポーズしてまで好きな人と一緒になったので、
夫として、ダンスと仕事を言い訳にしたくない。

 

要するに、
別で仕事をしているからって、バトルやSHOWでそれを考慮されるわけじゃないので、

ちゃんと自分で練習する時間をキープし、確保できる時間が短い分、濃度の濃い練習ができるよう常に考えていくべきだし、
逆に ダンス頑張ってるからって、仕事をさぼっていいわけじゃないし、仕事中に居眠りしていいわけでもないのでw、

仕事でも成長していけるように、きちんと勉強する時間も確保しなきゃいけないし、

ダンスを思い切り踊るためにも、仕事も求められること(できればプラスアルファ)をしっかりやりたい。
さらに、そうやって仕事とダンスで忙しいからって、
家族に寂しい思いをさせたり不幸にして良い訳じゃないので、

自分が自分の好きなことで生活できていることに感謝しながら、その感謝の気持ちをカタチにして幸せにしていかなければいけないと思っています。

結局、時間がないは言い訳で、

自分でいかに時間を有効活用できるかどうかが大切になってきますね。

 

とはいえ、時間は有限ですので、

好きなことをやるためには、常にやらなきゃいけないこともたくさんあって、
その分、何かは犠牲にしなければいけないものも出てくるわけで、
俺の場合は睡眠だったりした時期もありましたがf^_^;

 

今はなるべくコントロールするように気をつけていますが、
何にせよ、自由に伴う責任からも逃げることなく、きちんと選択、決断、行動していきたいと。

自分自身を積み上げていけるように、自分は常にそのパワーバランスで生活してます。

 

とか言いながら、
全然それは理想で、現実は甘々で、ちゃんと出来てないことばかりで、
反省ばかりする日々です。

 

まぁ人間なんて弱いものなので、
そのへんは慰めあっていきましょう笑
完ぺきな人間なんていないんで。

 

そして、そんな時こそ、音楽とダンスですよね!

 

僕らには音楽とダンスがありますから。
(僕にはお酒もありますw)
思いきり逃げ込みましょう!

 

というわけで、
また何が言いたいのかわからなくなってきたので、
無理やりまとめを。

・自分自身を常に高めていくこと。

 

・悩むのは向上心があるからこそ。

 

・未来は神のみぞ知る。

 

・選択、決断をすること以上に、そのあとどうしていくかが大事。

 

・選択、決断は自分自身を変えるものであって、自分自身の外に問題や原因を持っていっても、何の解決にもならない。

 

・時として、思いきり逃げ込むことが大事だし、逃げ込める場所を作っておくこと。

 

こんな感じですかね。

 

HIPHOPもストリートダンスも、
自己表現であり、逃げ場所であると俺は思っています。

 

疲れたり、逃げ出したくなったら、
音楽やダンスに逃げ込むこと。

好きに聴いて、好きに踊って、頭の中空っぽにして。

 

そして、逃げこんで、しっかり充電したあとは、
またそれぞれの人生を突き進み、高めていきましょう。
ライフスタイルで楽しんで、みんなで高めあっていきましょう。

 

これだけ熱くなれて、楽しくて、
さらに逃げ場所になる、
HIPHOPとダンスに出逢えた僕らは幸せ者ですね◎

 

一生かけて追求していきましょう!

 

あ、追求といえばヒロトくんからも、追求すること、金山でストリートミュージシャンしていたことについて、物申したいと言っていたので、次のブログでかましてくれるでしょう!!

 

乞うご期待!

 

ではでは。


Recomend topics
  • MAST☆R’Z 2017 vol.5

    中部地区で活動するU-15ダンサーを対象にした年間ポイントランキング制のダンスバトル・イベ...

  • CHALLENGER vol.3

    2017年度の JUSTE DEBOUT JAPAN・LOCKIN’ サイドのチャンピオン...

  • DE LA POP vol.6

    東海エリアの POPPIN’シーンを盛り上げ、毎回熱い戦いが繰り広げられている人気 1on...

  • FIRE BURN vol.4

    22歳以下のダンサーを対象にした 遠州エリアの人気 1on1 バトルイベント「FIRE B...