記して憶えることのヒミツ

どうもです。

いきなりですが、
まずは次の単語表を眺めて下さい。

 

苦い   砂糖   クッキー
食べる   おいしい    心
タルト   チョコレート
パイ    味     マーマレード
甘ずっぱい     ヌガー
イチゴ     蜂蜜    プリン

 

おいしそうですね(^^)

 

そんなわけで、
地味に脳科学を書いている僕のSOUL CITY blog。

前回の脳記事第2弾も、なんと2人の方から直接「面白かった」「考えさせられた」と連絡をいただき、
「また楽しみにしています」
とまで言われてしまったので、調子に乗って第3弾も書かせていただきますね。

 

皆さんの好意に甘えさせていただきますw

 

てことで、
今日は「記憶」について、少しだけ考えてみたいと思います。

 

みなさん、記憶力はいいですか?
振り覚えが悪いとか、会った人をなかなか覚えられないとか色々あるかとは思いますが…w
ひとまず、
この記事で冒頭で羅列した単語を覚えてますか?

 

…全部は無理ですよね。
それが普通です。

 

じゃ、
3択にします。
『堅い、味、甘い』

さて、あの表の中にあった単語はどれでしょう?

 

正解は、、、

 

 

『味』です。

『甘い』だと思った人多いんじゃないでしょうか?
というのも、
甘そうな言葉が並んでいると、脳に“甘い”イメージがついてしまうらしいです。

 

何が言いたいかというと、
人の記憶、もとい、“脳の記憶”なんてあいまいなもんですね。

 

しかし!
記憶があいまいなことにもちゃんと意味があったんです!
(今回も『進化しすぎた脳』から伝達していきます☺︎)

 

まず、
記憶があいまいなために、
1度にたくさんの情報を迅速に取捨選択できます。
(いらないものを無視できるってことです。)

 

そして、
記憶があいまいなために、
悲しい記憶を忘れることができます。
(楽しい記憶も忘れちゃうけど。)

 

さらに、
記憶があいまいなために、
ものや人を“認識”したり、
“学習”したりすることができる!

 

あれ?少し矛盾に感じませんか?

 

でも、違うんです。
「完ペキに覚えられない」からこそ、「覚えられる・覚えていられる」のです!!

 

ここが今日のキーです(^^)

 

もし仮に、あなたの脳の記憶が完ペキだったとしましょう。
するとどんなことが起こるのか?

 

例えば、あなたの目の前にAくんが正面向いて立ってるとします。
あなたはAくんを認識した瞬間、
Aくんの外見すべてを写真のように覚えちゃいます。

次の瞬間、
その目の前のAくんが横を向いたとします。

 

すると、
あなたにとって、Aくんはもうまったく“違う人”になってしまうわけです!
正面向いていた姿こそがあなた(の脳)にとってAくんでしたから。

他にも服装、髪型、声、etc…
何かが変わるだけで、あなた(の脳)にとっては別物になってしまう。

完ペキに覚えてしまうからこそ、少しのズレも許されなくなるのです。

 

ですから、
脳の記憶が“あいまい”であることは応用を効かせるうえですごく重要なんです。

 

あいまいに覚えて、そこに共通している何かを選びながら、
物事を認識しているということです。

 

具体例としては、多少字が汚くても最低限のルールをおさえていれば何とか読めますよね。笑
そんな感じです。

 

そして、“あいまい性”を確保するために、もう一つ大切なのが、
“ゆっくり学習する”ということなんです。

 

脳は、何かを見たり聞いたりしても、すぐには判断せず、
一度“記憶を保留”することで、
違う角度・タイミングで見聞きしたものから、
共通項を抜き出して、結び付けていくことができるんです。

 

ゆっくりゆっくり学習していくことで、
脳は物事の裏に潜んでいるルールを確実に抽出できるのです。
そしてそのルールをもちいて、
様々な状況に臨機応変に適応していくわけです!

 

というわけで!
記憶力は悪くて当然なんです☺︎

 

勉強しても、なかなか覚えられないのも脳がそうできているからなんです!
毎回同じようにうまく踊れないのも、
学習がゆっくりだからなんです!?

 

だからこそ、反復練習が大切なんでしょうね。
そうして、ゆっくり学んだことだからこそ、
バトルなんかでも瞬時的に、臨機応変に、適応した動きが出せるんでしょうね!

 

やっぱり練習あるべきですね(^^)
そんな運動学習については、2年前のブログで書きましたよね笑
(こちらです→個性と学習)

 

前から脳のこと書いてたんですねw

 

まぁそれは置いといて、なんにせよ、
脳のしくみを知ることはなんだか面白いですよね。

だから何なんだ?というのもわかるし、
知ったからといってうまくやれるわけじゃない!というのもわかります。

でも、うまくいったりいかなかったりする人生の中で、
自分の失敗を嘆いたり、無い物ねだりで卑屈になったりせず、
それを少しだけ脳の仕組みのせいにしながら、物事を楽に考えられるようになるといいかもしれないですね!

 

反省すべきことは反省しなければいけないし、

繰り返してはいけない失敗もあるとは思いますが、

やっぱり、逃げ場所があるって大切なことなんだと思います。

 

そんな感じで、

進化しすぎたゆえに、“不完全”である人間であることを楽しみながら、

人生過ごしていきましょう〜

 

 

  1. なんてね。

脳記事三連発おつきあいいただきありがとうございました!笑

1.「脳と選択〜choice is yours〜

2.「眼が世界をつくる?!

3.「記して憶えることのヒミツ

 

 

ではでは。

またどこかでお話しましょう!

良い年の瀬を〜


Recomend topics
  • BABEL 2018

    豪華ジャッジを迎え開催される、東海地区最大級のBBOY CREW BATTLE 『BABE...

  • SHO-TA WORKSHOP

    国内外の様々なシーンで目覚ましい活躍をみせる、次世代の実力派ダンサー『SHO-TA (D-...

  • MAST☆R’Z 2017-18 vol.7

    中部地区で活動するU-15ダンサーを対象にした年間ポイントランキング制のダンスバトル・イベ...

  • WHO GOT THE PROPS vol.4

    初回から驚異的な盛り上がりを見せ、各方面から注目が集まるジャンル別 1on1バトルイベント...